VTP Configuration



 ◆ VTPの設定

 @ VTPバージョンの設定
 VTPバージョンはデフォルトでverison
1です。トークンリングを使用するスイッチネットワークではversion 2
 に変更する必要があります。このVTPバージョンの設定はVTPプルーニングの設定と同じようにサーバモードの
 Catalystスイッチ1台に設定を行うだけでOK。同じVTPドメイン名のCatalystスイッチに情報が同期されます。

 
◆ VTPバージョンの設定
 (config)# vtp version [ 1 | 2 | 3 ]




 A VTPドメインの設定
 VTPドメイン名を以下のコマンドで設定します。ドメイン名は大文字小文字を区別します。一度設定すると
 名前変更はできますが削除できないので注意しましょう。名前をデフォルトの状態に戻すためには初期化が
 必要です。Catalystを初期化するためには
write eraseだけでなくdelete vlan.datを入力する必要があります。

 
◆ VTPドメイン名の設定
 (config)#
vtp domain domain-name

コマンド引数 説明
domain-name

 32文字以内のVTPドメインを指定
 (config)#
vtp domain ABC ← VTPドメイン名をABCと設定



 B VTPモードの設定
 VTPモードはデフォルトで
Serverです。VTP機能を使用しない場合はTransparentに設定しましょう。

 
◆ VTPモードの設定
 (config)#
vtp mode [ server | client | transparent ]


 C オプション設定:VTPパスワードの設定
 VTPドメインに参加するためにはドメイン名とモードを定義すればOKです。オプションのVTPパスワードを
 設定することで、VTPドメイン参加のためにVTPドメインとVTPパスワードが一致させる必要が出てきます。
 そのため、VTPドメイン名を定義しているだけよりも、VTPドメインへの参加がセキュアになります。

 
◆ VTPパスワードの設定
 (config)#
vtp password password

コマンド引数 説明
password

 32文字以内のVTPパスワードを指定
 (config)#
vtp password cisco ← VTPパスワードをciscoと設定



 D オプション設定:VTPプルーニングの設定
 VTPプルーニングを有効化するためには、VTPドメイン上でサーバモードのCatalystスイッチ1台に対して
 設定を行うだけでOKです。これによりそのVTPドメイン上の他のサーバやクライアントモードのCatalystに
 同じ設定が入ることになります。当然、トランスペアレントモードのスイッチにはこの設定は同期されません。

 
◆ VTPプルーニングの有効
 (config)# vtp pruning

 
◆ VTPプルーニングの無効
 (config)# no vtp pruning


 ◆ VTP - showコマンド(VTP:デフォルトのステータス)

 以下のコマンドによりVTPステータスを確認できます。以下はCatalystの初期状態のステータスです。

 
◆ VTPのステータス確認
 #
show vtp status

 


 ※ Cisco IOSのバージョンによって表示内容が少し異なります。

項目番号 説明
@  running VTP1:現在稼働しているバージョン、(VTP2 capable):サポートしているVTPバージョン
A  現在のコンフィグレーションリビジョン番号。現在は 0
B  VTPでサポートしているVLAN数。機種によってサポートしているVLAN数は異なる。
C  現在、スイッチ上に存在するVLANの数。これはデフォルトVLANの数。
D  VTPサーバのモード。デフォルトではサーバモード。
E  VTPドメイン名。デフォルトではドメイン名は設定されていない。
F  VTPプルーニングの状態。デフォルトでは無効になっている。
G  VTP version 2 のモード。デフォルトでは無効になっており、version 1 が使用されている。
H  トラップ通知はデフォルトでは無効になっている。
I  VTPアドバタイズメントを最後にアップデートしたスイッチの情報。




 ◆ VTP - showコマンド(VTP:設定変更後のステータス)

 下図構成を前提に各スイッチのステータスを見ていきましょう。SW1 → SW2 → SW3の順で見ます。


   



 ◆ SW1 のコンフィグ設定、ステータス確認

 



 
◆ SW2 のコンフィグ設定、ステータス確認

 



 ◆ SW3 のコンフィグ設定、ステータス確認

 



← VTPとは ルータを使用したVLAN間ルーティング

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.