Voice VLAN



 ◆ 音声VLAN ( Voice VLAN ) とは

 Cisco IP Phone は、Catalystスイッチに接続できるポート、PCが接続できるポートの2ポートを持ちます。
 これによってCatalystのポートを2ポート消費することなく、1ポートだけでPCとIP Phoneを接続できます。
 しかしPCとIP Phoneを同一セグメント(同じVLAN)にすると、データトラフィックと音声トラフィックが
 混在してしまい音質に悪影響を与える可能性があります。そこで、音声VLAN(Voice VLAN)を使用します。



      



 音声VLANは、Cisco IOSの独自機能であり、Cisco IP PhoneとPCを異なるVLANに配置できる機能です。
 音声VLANを利用することで、Catalystスイッチの1つのアクセスポートにPCのデータトラフィック用の
 VLANとIP Phoneの音声用のVLANの2つを混在させられます。つまり、本来はトランクポートでなければ
 出来ないことを
アクセスポートで2つのVLANの混在を実現できます。リンク自体はトランクリンクです。


      




 PC ⇔ IP Phone間はアクセスリンクですが、IP Phone ⇔ Catalystスイッチ間はトランクリンクとなり
 音声VLANと識別できるように802.1qタグが付けられています。PCトラフィックはNative VLANで伝送。


     

トラフィック 使用するVLAN
データトラフィック Native VLANを使用して伝送
ボイストラフィック Voice VLANを使用して伝送


 ◆ 音声VLAN(Voice VLAN)の設定方法

 音声VLANを設定する機器はCatalystスイッチだけであり、Cisco IP Phone側に設定する必要はありません。
 音声VLANが設定されたCatalystにCisco IP Phoneを接続すると、音声VLAN IDが含まれた
CDPフレームを
 受信します。結果、Cisco IP Phoneは音声VLAN ID を解釈して、音声VLAN向けの音声トラフィックに対し
 IEEE802.1q タグを着けて送信を開始します。つまり、
Catalyst側で音声VLANの設定とCDPを有効にします。



 ◆ 音声VLAN(Voice VLAN)- コンフィグ設定

 データ用のVLANの作成、音声用のVLANの作成後、以下の設定手順で音声VLAN用のポート設定をします。
 @ アクセスポートの設定 A ポートへのデータVLANの割り当て B ポートへの音声VLANの割り当てです。

 ◆ アクセスポートの設定
 (config-if)#
switchport mode access

 
◆ アクセスポートへVLAN IDを割り当てる設定
 (config-if)#
switchport access vlan vlan-id

コマンド引数 説明
vlan-id

 VLAN IDを 1〜4094 の範囲で指定。
 (config-if)#
switchport access vlan 10 ← VLAN 10をスイッチポートに割り当て



 ◆ アクセスポートへ音声VLANのVLAN IDを割り当てる設定
 (config-if)#
switchport voice vlan vlan-id

コマンド引数 説明
vlan-id

 VLAN IDを 1〜4094 の範囲で指定。
 (config-if)#
switchport voice vlan 15 ← VLAN 15をスイッチポートに割り当て



    



 ※ 音声VLANは「Voice VLAN」という呼び方以外に「補助VLAN」や「AUX VLAN」とも呼ばれています。



ルーテッドポート - コンフィグ設定 音声VLAN - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.