MLPPP ( Multilink PPP )



 ◆ Multilink PPPとは

 Multilink PPPは、複数のPPPリンクを束ねて
仮想的な1つのリンクにする技術のことです。Multilink PPPにより
 PPPリンクの物理ポートを束ねることでより広い帯域幅を通信に利用できます。また、Multilink PPPを構成する
 いずれかの物理ポートで障害が発生した場合でも、もう一方の物理ポートから通信を継続することができます。


      



 ※ Multilink PPP(マルチリンクPPP)はマニュアルにより「
MLP」または「MLPPP」とも表記されています。


 ◆ マルチリンクPPP - Ciscoコンフィグ設定

 マルチリンクPPPで使用する仮想インターフェースは「interface Multilink」です。この仮想インターフェース
 はマルチリンクインターフェースと呼ばれます。この設定後に、それにひもづける物理ポートの設定をします。

 
◆ 01. マルチリンクインターフェースの設定
 (config)#
interface multilink bundle-number

コマンド引数 説明
bundle-number

 MLPバンドルを識別するための番号を指定



 ◆ 02. マルチリンクへのIPアドレスの設定
 (config-if)#
ip address ipaddress subnetmask

 ◆ 03. マルチリンクPPPの有効化
 (config-if)#
ppp multilink

 
◆ 04. マルチリンクグループの設定
 (config-if)#
ppp multilink group group-number

コマンド引数 説明
group-number

 MLPグループを識別するための番号を指定( この番号と 01 の bundle-number を一致させる )



 続いて、上述で設定したマルチリンクインターフェースに紐づける物理インターフェースの設定をします。

 
◆ 01. シリアルインターフェースのIPアドレス削除
 (config)#
interface Serial interface-id
 (config-if)# no ip address

 ◆ 02. シリアルインターフェースのカプセル化タイプの設定
 (config-if)# encapsulation ppp

 ◆ 03. マルチリンクPPPの有効化
 (config-if)#
ppp multilink

 
◆ 04. マルチリンクグループの設定
 (config-if)#
ppp multilink group group-number

コマンド引数 説明
group-number

 紐づけたいマルチリンクインターフェースのマルチリンクグループの番号を指定



 ◆ マルチリンクPPP - Ciscoコンフィグ設定例

 下図をもとに、R1とR2のコンフィグレーション例を紹介します。


   


 R1(config) #
interface Multilink1
 R1(config-if) # ip address 10.1.1.1 255.255.255.252
 R1(config-if) # ppp multilink
 R1(config-if) # ppp multilink group 1

 R1(config) # interface Serial0/0
 R1(config-if) # no ip address
 R1(config-if) # encapsulation ppp

 R1(config-if) # ppp multilink
 R1(config-if) # ppp multilink group 1

 R1(config) # interface Serial0/1
 R1(config-if) #
no ip address
 R1(config-if) # encapsulation ppp
 R1(config-if) #
ppp multilink
 R1(config-if) # ppp multilink group 1


 R2(config) #
interface Multilink1
 R2(config-if) # ip address 10.1.1.2 255.255.255.252
 R2(config-if) # ppp multilink
 R2(config-if) # ppp multilink group 1

 R2(config) # interface Serial0/0
 R2(config-if) # no ip address
 R2(config-if) # encapsulation ppp

 R2(config-if) # ppp multilink
 R2(config-if) # ppp multilink group 1

 R2(config) # interface Serial0/1
 R2(config-if) #
no ip address
 R2(config-if) # encapsulation ppp
 R2(config-if) #
ppp multilink
 R2(config-if) # ppp multilink group 1


 認証設定をする場合はマルチリンクインターフェース上で設定します。CHAP認証の設定例は以下の通りです。


 R1(config) # username R2 password CISCO

 R1(config) #
interface Multilink1
 R1(config-if) # ip address 10.1.1.1 255.255.255.252
 R1(config-if) # ppp multilink
 R1(config-if) # ppp multilink group 1
 R1(config-if) # ppp authentication chap


 R1(config) # interface Serial0/0
 R1(config-if) # no ip address
 R1(config-if) # encapsulation ppp

 R1(config-if) # ppp multilink
 R1(config-if) # ppp multilink group 1

 R1(config) # interface Serial0/1
 R1(config-if) #
no ip address
 R1(config-if) # encapsulation ppp
 R1(config-if) #
ppp multilink
 R1(config-if) # ppp multilink group 1


 R2(config) # username R1 password CISCO

 R2(config) #
interface Multilink1
 R2(config-if) # ip address 10.1.1.2 255.255.255.252
 R2(config-if) # ppp multilink
 R2(config-if) # ppp multilink group 1
 R2(config-if) # ppp authentication chap

 R2(config) # interface Serial0/0
 R2(config-if) # no ip address
 R2(config-if) # encapsulation ppp

 R2(config-if) # ppp multilink
 R2(config-if) # ppp multilink group 1

 R2(config) # interface Serial0/1
 R2(config-if) #
no ip address
 R2(config-if) # encapsulation ppp
 R2(config-if) #
ppp multilink
 R2(config-if) # ppp multilink group 1




ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.