PPPoE



 ◆ PPPoEとは

 PPPoE(PPP over Ethernet)は、その名の通りPPPの機能をEthernet上で利用するためのプロトコル。
 PPPはシリアルのWAN回線やISDN接続の際によく使用されるプロトコルですが、これをLANにおいても
 利用できるようにしたのがPPPoEです。PPPoEはLAN上においてもユーザ認証が可能であり、IPアドレス
 の割当も可能なので、常時接続のADSLサービスやFTTHサービスで広く使用されているプロトコルです。



 ◆ EthernetフレームとPPPoEフレームの違い


   



 理論上のPPPoEフレームフォーマットを見ると
 PPPoEを採用しているFTTHサービスのBフレッツ
 でのインターネットではMTUを1492byteとして
 設定MSSを1452byteと設定すべき、と思われる
 かもしれませんが、Bフレッツ接続では、MTUは
 1454byte、MSS1414byteとする必要があります。

 この値で設定しないと、Webサーバによって通信
 できないケースもあるので必ず順守しましょう。
 理由はBフレッツのMTUサイズはなぜ1454byte ?
 を参照頂ければと思います。ちなみにキャリアに
 よりサイズが異なるので、事前に確認しましょう。



 ◆ IP通信確立までの2つのステップ

 PPPoE接続を行ってIP通信ができるようになるまでには、
DiscoveryステージPPPセッションステージ
 2つのステップを踏む必要があります。最初にPPPoEセッションをはるまでをDiscoveryステージと言います。
 その後のPPPによるやりとりをPPPセッションステージと言います。後に解説しますが、PPPoEクライアント
 は、加入者宅にあるPPPoEが有効な機器(ルータ、PC)、PPPoEサーバは一般的にキャリア側にある機器です。



 ◆ PPPoE Step 1 : Discoveryステージ

 Discoveryステージでは、PPPoEセッションを確立するPPPoEクライアントとPPPoEサーバのMACアドレスを
 特定し、PPPoEセッションIDの割り当てを行います。それではDiscoveryステージの詳細を見ていきましょう。


     


 
※ 例えばCiscoルータの場合、このDiscoveryステージの結果をshow pppoe session allコマンドで確認することができます。


 ◆ PPPoE Step 2 : PPPセッションステージ

 DiscoveryステージのCでPPPoEサーバがPPPoEクライアントにセッションIDを通知すると次のステージの
 PPPセッションステージに移行します。PPPセッションステージにより認証が成功して、PPPoEサーバから
 適切なIPアドレスが割り当てられるとPPPoE接続は完了です。これにより、IP通信ができるようになります。


      



 
※ PPPoE接続が上手くいかない場合、一般的にはこのフェーズの問題であることが非常に多く、Aの部分で失敗しています。
 認証方式 (CHAP or PAP) のミス、ユーザIDやパスワード誤入力など。Ciscoルータならdebug ppp authenticationで確認します。



 ◆ PPPoE - ISPの認証サーバへの振り分け

 例えばBフレッツを契約すると、NTTからレンタルでONU (回線終端装置) が設置されることになります。
 契約者がONUを変更することなくISPを乗り換えられるのは、以下の振り分けが実装されているからです。


   



 とはいえ企業として実際に契約すれば分かると思いますが、例えばOCNの場合はONUのシールの記載に
 あるフレッツ契約IDとISP番号がリンクしているので、それぞれのONUに該当するISP情報で接続します。



FTTHインターネット インターネット接続 - PPPoE(端末型払い出し方式)Cisco892設定例

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.