Wireless LAN



 ◆ 無線LANとは

 無線LANは「LANケーブルを必要としないイーサネットの通信技術」です。無線LANの特徴は以下の通り。

無線LAN( WLAN )の特徴
モバイル性の向上 メリット  電波の届く範囲での移動しながらの通信、機器の自由な配置変更が行える。
LAN敷設の工事費削減 メリット  LANケーブル、コネクタ、パッチパネルの部材や敷設工事費用が削減できる。
通信品質の問題 デメリット

 無線LANと同じ周波数を使用する機器が近くにある場合、電波の干渉により
 速度低下の可能性がある。また、電波の到達範囲によりスループットが異なる。
 ※
IEEE802.11nが規格化された現在、通信品質の問題は大幅に改善されている。

セキュリティの問題 デメリット

 無線LANでは、電波にデータをのせて通信が行われる。その電波が不正に
 傍受された場合、暗号化が不十分であるとデータを解読される可能性がある。
 ※ 暗号化にAESを使用し、認証に
IEEE802.1X認証を採用すれば問題がない。


 無線LANのデメリットを解消するために、無線LANの規格化を行っている IEEE802.11Working Group は
 様々な規格の標準化を進めています。現在では、
11i11e11n11acなどが標準化されたことによって
 無線LAN特有の問題( 特に通信品質とセキュリティ問題 )はかなり解消されて普及に弾みがついています。

 次に、有線LANと無線LANの違いを見てみましょう。注目すべきは、無線LANのレイヤ1が電波であること。


       

比較項目 有線LAN 無線LAN
標準規格 IEEE802.3 IEEE802.11
伝送媒体 ケーブル 電波
アクセス制御 CSMA/CD方式 CSMA/CA方式
LAN通信で使用するアドレス MACアドレス MACアドレス
PCで必要とするNIC 有線LANカード ( PC内蔵が一般的 ) 無線LANカード ( PC内蔵が一般的 )
PCの接続先となる機器 ハブ
( リピータハブ、L2/L3スイッチなど )
アクセスポイント
( 無線LAN端末間を接続する電波中継機 )

 ※ 無線LANカードは別名として「 無線LANアダプタ、無線LANコネクタ、Wi-Fiアダプタ、Wi-Fiコネクタ 」と呼ばれています。


 ◆ 無線LANの通信方式

 無線LANの通信方式には大きく2つのモードがあります。1つは
アドホックモード(ad hoc mode)です。
 アドホックモードではアクセスポイントを使用せず(介さず)に無線LAN機器同士が直接通信を行います。
 このアドホックモードは
IBSS ( Independent Basic Service Set ) とも呼ばれています。


     


 もう1つは
インフラストラクチャモード(infrastructure mode)。このインフラストラクチャモードでは
 アクセスポイントを使用して無線LAN機器同士が通信を行うモードです。企業内ネットワークにおいては
 インフラストラクチャモードによる無線LAN通信が一般的です。一方、アドホックモードの無線LAN通信は
 無線LANカードを搭載したニンテンドーDSやPSPで対戦ゲームをする時によく使用されているモードです。



 ◆ IEEE802.11の全体像

 IEEEとは電気、電子分野における世界最大の学会。そしてIEEE802とはLAN規格を定めている委員会。
 そして、IEEE802.11は無線LANに関する規格です。IEEE802.11はイーサネット(Ethernet)に関する
 規格を定めたIEEE802.3と下表の通り並列の位置づけにあります。IEEE802.11の詳細は下表の通りです。


  


 ネットワークエンジニアの設計・構築において、無線LANは問題が発生しやすい分野の1つと言えます。
 有線LANの物理ケーブルによるデータ伝送とは異なり、目に見えない電波によるデータ伝送であることが
 その要因の1つと言えますが、それだけではなく無線LAN技術に関する知識不足によるところも起因して
 いることが多いように思えます。今回は、正しい理解と知識に重点をおいて解説していきたいと思います。



IEEE 802.11a / 11b / 11g / 11n / 11ac

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.