Wireless LAN Switch - merit



 ◆ 無線LANスイッチ導入におけるメリット

 無線LANスイッチを導入することによるメリットは多くあります。一方、デメリットは無線LANシステムを
 導入するにあたりコストがやや高くなるくらいです。さらに、電波強度の自動調整により構築時の作業工数
 が抑えられるだけでなく、運用時の助けともなることからアクセスポイントを10台以上導入する構成の場合
 無線LANスイッチは導入することが推奨であり必須です。無線LANスイッチは冗長化させることが推奨です。

無線LANスイッチ導入のメリット
セキュリティ機能の強化

 ・ 一般的な暗号化方式(WEP、TKIP、CCMP)や、認証方式(PSK、IEEE802.1X) だけでなくて
   Web認証(キャプティブポータル認証)や、IPsec-VPNを使用した暗号化/認証を提供できる。

 ・ 無線LANネットワークのなかに、通信で使用しないモニタリング用のAPを別途用意することで
   電波状況を監視して不正APの検知/不正APとのセッション切断などの機能を提供できる。

電波調整機能の強化

 ・ 電波強度の自動調整。隣接し合うAPの配置状況に応じて、無線LANスイッチは自動的に最適な
   チャネルを割り当て、その上で電波不足のエリアが生まれないように電波強度を自動調整する。

 ・ 電波干渉の自動回避。無線LANスイッチ配下のAPは、外来波による干渉リスクを検出した場合
   全体の整合性が取れるように空きチャネルを自動的に再選択することで電波干渉を自動回避する。
   ※ 外来波( 隣接ビルからや公衆無線LANなどの無線LAN機器から発せられる、外からくる電波 )

ローミング機能の強化

 ・ 高速ローミング。ローミングの際に発生する再認証を高速化できる。特に顕著なのはIEEE802.1X
   認証を実施している場合。一度認証を受けた無線デバイスは別のAPで認証を受ける事になっても
   すでに無線LANスイッチで認証情報がキャッシュされているので、高速に再認証処理が行われる。

 ・ モバイルIP。ローミングの前提は移動元と移動先が同じサブネットであることが前提であるが、
   モバイルIPの技術で、IPアドレスを変更することなく異なるサブネットへのローミングを行える。

 無線LANスイッチの機能はメーカーの機器仕様により異なりますが、基本的には上記のような機能を有していると言えるでしょう。


   


  



  



無線LAN - 無線LANスイッチとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2023 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.