Cisco Wireless LAN - CAPWAP



 APとWLC間でやりとりされているCAPWAPプロトコルは以下のLWAPPプロトコルを基に開発されました。
 従って、以下解説の「LWAPP」をそのまま「CAPWAP」に置き換えて理解して頂いて概ね問題ありません。


 ◆ LWAPPとは

 LWAPP(Lightweight Access Point Protocol)は、集中管理型APと無線LANスイッチ間でやりとりされる
 制御プロトコルです。このLWAPPを使用してAPとWLCはLWAPPトンネル接続を行います。そして無線LAN
 クライアントからデータパケットをLWAPPカプセル化を行った上で、APとWLC間でやりとりされます。

LWAPP - 2種類のトラフィック
LWAPP制御メッセージ

 APとWLCとでやりとりする、WLAN制御用のLWAPPパケット( Discovery, Joinなど)。
 LWAPP制御メッセージは
AES-CCMPにより暗号化される

LWAPPデータ

 APとWLCとでやりとりする、LWAPPでカプセル化されたWLAN端末からのデータパケット。
 LWAPPデータは
暗号化されない



   


 
※ CiscoのAPには購入時にX.509証明書というものがプリインストールされています。WLCとAPとの通信は、この証明書により
 接続を確立して暗号鍵をダイナミックに変更しているため、不正APが集中管理型のAPになりすまして、WLCと通信はできません。


 LWAPPのトラフィックがどのようにカプセル化されて、非カプセル化されるのかは以下のパケットフロー通り。


  


 
※ LWAPPデータで使用するUDPポート番号 ( 送信元ポート:1024、宛先ポート:12222 )
 ※ LWAPP制御メッセージにて使用するUDPポート番号 ( 送信元ポート:1024、宛先ポート:12223 )
 
※ 上図のパケットフロー通り、LWAPP制御メッセージとLWAPPデータがLWAPPでカプセル化が行われていることが分かります。


 ◆ LWAPP - 無線LAN通信ができる状態までのフロー( 概要 )

 APの電源がONになり、APはWLCとLWAPPトンネルを形成して、APがWLCから設定情報を得ることにより
 APは無線LANクライアントに無線LAN通信を提供できる状態に移行します。詳細なフローは以下の通りです。

APが無線LAN通信できる状態までのフロー
@  APが起動 : APに対してコンセントによる電源供給、またはPoEによる電源供給を行う。
A  APがIPアドレスの取得 : APがDHCPサーバからIPアドレスを取得する。固定設定の場合は不要。
B  APがWLCの候補を探索 : APの遷移状態はDiscoveryとなる ( LWAPP Discovery Request )
C  WLCがAPに対して応答 : LWAPP Discovery Requestを受信したWLCが応答する( LWAPP Discovery Response
D  APが候補からWLCを選定 : このWLCの選定基準は WLAN Controller Selection Algorithm に従う。
E  APがWLCに接続要求 : WLCの選定基準に従い選定したWLCに対して接続要求をする ( LWAPP Join Request )
F  WLCがAPを管理下に置く : ※1 WLCが応答する ( LWAPP Join Response )。APの遷移状態はJoinとなる。
G  ※2 WLCからAPがIOSイメージをダウンロード  : APの遷移状態はImage Dataとなる。
H  WLCからAPが設定情報をダウンロード : APの遷移状態はConfigとなる。
I  APがWLAN端末に無線LANサービスを提供できる状態になり、ここからWLAN端末とWLCと認証やAssociationが始まる。


 ※1
 APからのLWAPP Join RequestにはX.509証明書
 が含まれており、その証明書が有効である場合は
 LWAPP Join Responseを返します。

 ※2
 WLCが保持するファームウェアのversionとAP自身
 の保持するファームウェアのversionを比較し相違が
 ある場合にはダウンロードします。

 ※ CAPWAPでは制御メッセージで使用するポート番号は 5246、データで使用するポート番号は 5247 です。



Cisco無線LAN - WLC 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.