CAPWAP Mode → Autonomous Mode



 ◆ CAPWAPモードからAutonomousモードへ変更

 @ CiscoのWebサイトからAutonomous IOSをダウンロードしておく

 A Autonomous IOSダウンロードした管理PCでTFTPサーバを起動

 B 現在のWLCにレジストされているCAPWAPのAPのホスト名を確認する
 ⇒ TFTPでOSをダウンロードする際に、そのAPのホスト名を指定するために必要な情報

 C WLCへ
CLIでログイン

 D CLI上で以下のコマンドを実行
 ⇒ 
config ap tftp-downgrade tftp-server-ipaddress filename ap-name
 ⇒ tftp-server-ipaddress でTFTPサーバのIPアドレス、filenameでAutonomousのIO、ap-nameでCAPWAPの時のホスト名

 E Wait until the access point reboots and reconfigure the access point using the CLI or GUI.
 ⇒ TFTPサーバでのダウンロード完了後、APは自動的に再起動します。再起動後はホスト名が「ap」、パスワードが「Cisco」に。
 CAPWAP時に使用していたIOSをAPに残しておくと、初期化した後にCAPWAPのIOSでアクセスポイントが起動する場合もあるので
 delete flash: や rmdir flash: 等で不要なIOSを削除します( 削除するかどうかはAPの動作を確認してから自己責任でご判断下さい)



Cisco無線LAN - WLC 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.