Cisco Wireless LAN - BASIC Set



 ◆ 忘れやすい基本設定 その1

 極めて重要な基本設定があるので紹介します。WLCではデフォルトで
30分ごとにセッションタイムアウトが
 発生します。セキュアかもしれませんが、例えばWeb認証を行っている環境では30分ごとに再認証のための
 ユーザ名、パスワードの入力が必要ですし、無線電話の場合は悲惨です。この設定はSSIDごとに設定するの
 ですが、基本的に全てのSSIDで以下の通り「Enable Session Timeout」 のチェックは外した方がいいです。

   

 
※ 最新バージョンでは、Enable Session Timeoutのチェックは外されている可能性がありますが、念のため確認をしましょう。


 ◆ 忘れやすい基本設定 その2

 NTP設定はセットアップ時に行えますがタイムゾーン設定はセットアップ時には行えません。タイムゾーン
 の設定は、「
COMMANDS」⇒「Set Time」のTimezoneの項目で行えます。忘れないよう設定しましょう。

 


 設定後は右上にある「Set Timezone」のボタンを押して、「Save Configuration」をクリックしましょう。

 




 ◆ 参考 - トラブルシューティング

 事例としては多くありませんが、アクセスポイントの「Operational Status」が「DOWN」状態である場合、
 アクセスポイントに電源を供給する
PoEスイッチが正しく給電できているかを確認しましょう。クラス 3 の
 場合は15.4W提供できているかどうか、802.11ac対応のアクセスポイントではクラス 4 の給電が行われて
 いるかどうかを確認しましょう。そして、それでも解決しない場合には、
PoEスイッチを再起動しましょう。

 


 他社のPoEスイッチを使用した時にこの現象が発生した経験がありますが、その時はPoEの再起動で現象を解決。



Cisco無線LAN - WLC 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.