Cisco Wireless LAN - BandSelect / Loadbalance



 ◆ WLC - バンドセレクト機能

 2.4GHz帯と5GHz帯の両方の周波数で同時に通信を行える機能を
デュアルバンド機能と言います。たとえば
 アクセスポイントがデュアルバンド機能をサポートしていて、PCも2.4GHz帯(IEEE802.11b/g)と5GHz帯
 (IEEE802.11a)のどちらでも使用できる場合、PCとAPはどちらの周波数帯を使用して通信するでしょうか。

 それはPC側の無線LANカードの設定依存とはいえ、一般的に(仕様的に)2.4GHz帯(IEEE802.11b/g)を
 使用してしまいます。2.4GHz帯は、コードレス電話、bluetooth、電子レンジ、一部の医療機器なども使用
 している周波数帯なので電波干渉が起こしやすいです。一方、5GHz帯は、あまり使用されていない周波数で
 あることから、2.4GHz帯より快適に通信できます。なんとか、5GHz帯を優先して使用する方法はないのか。

 WLCの
バンドセレクト機能によってこの問題を解消できます。バンドセレクト機能で2.4GHz帯にアクセス
 してくる無線LAN端末に
自動的に5GHz帯に接続するように誘導してくれます。WLC側の設定だけでOKで
 無線LAN端末側は設定が不要ですが、当然、APとPCともに2.4GHzと5GHz帯が有効である必要があります。
 このWLCの設定は、WLCでグローバルに有効にするか、特定のWLAN上(SSID)ごとにも有効にできます。


           



 設定方法は簡単で、以下の通りにチェックするだけです。WLCへログイン後、画面トップのメニュー項目から
 「WLANs」⇒ WLAN IDを選択 ⇒「Advanced」の項目に「Load Balancing and Band Select」という項目
 があるので、そのなかの「Client Band Select」のチェックを選択して、有効にするだけとなります。

  


 ◆ WLC - ロードバランス機能

 WLCでは、特定のAPに無線LAN端末の接続が集中しないように、アクセスポイント間で負荷分散することが
 できます。Autonomous APの場合、このような負荷分散はできないのでSSIDごとの同時接続数の制限により
 静的に負荷分散させるしかありません。集中管理型のAPの場合は、APの負荷が高いかどうか無線LAN端末が
 アクセス可能な近隣のAPの比較した上で、WLCが相対的に判断して、動的に負荷分散されることになります。
 このWLCの設定は、WLC上でグローバルに有効にするか、特定のWLAN上(SSID)ごとにも有効にできます。


            



 この機能はデータ系トラフィックを転送するWLAN上(SSID上)では、有効にすべき機能だると言えますが、
 ボイス系トラフィックを転送するWLAN上(SSID上)においては無効にすることをシスコは推奨しています。

 
注1 ロードバランスが有効なWLANではローミング遅延が発生するので、音声や映像等の遅延に敏感なアプリはサポートされない。
 注2 Cisco 7921/7920 無線IP Phoneをコントローラとともに使用する場合、音声WLAN上でのアグレッシブ ロードバランシング
 を無効にするように各コントローラが設定されていることを確認してください。このように設定されていない場合、電話機の1回目
 のローミングに失敗することがあり、その場合はオーディオパスが中断されます。


 設定方法は簡単で以下の通りにチェックするだけです。WLCへログイン後、画面トップのメニュー項目から
 「WLANs」⇒ WLAN IDを選択 ⇒「Advanced」の項目に「Load Balancing and Band Select」の項目が
 あるのでその中の「Client Load Balancing」のチェックを選択して有効にするだけとなります。

 



Cisco無線LAN - WLC 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.