NFC



 ◆ NFCとは

 NFC(Near Field Communication)は 10cm程度の至近距離でデータ通信する無線通信の標準規格の1つ。
 NFCは非接触型ICカードのための無線通信技術である「
FelicaMifare」の方式をもとに策定されています。
 NFC対応のICカードでは、アンテナが電波を受信する際の発生した電力により、通信とデータの書き換えが
 可能であり電池や電源が不要です。従って非接触ICカードの方では電源なしでもかざすだけで通信できます。


     


      


 
※ その他、NFCのICラベルが貼られたポスターなどにNFC搭載のスマートフォンをかざせば、クーポンなどの情報取得なども可能。



       

NFCの周波数帯 NFCの通信速度 NFCの無線到達距離 策定元の技術 NFCの使用例
13.56MHz 100〜400Kbps 10cm程度 Felica、Mifare ICカード、携帯、スマートフォン


 ◆ NFC - 誕生の経緯、過渡期の対策

 NFCのイメージ図を見ると、Felicaで十分ではないかと思うかもしれませんが、ソニーが開発したFelicaでは
 日本とアジアに普及しており、欧米で普及しているのはNXPセミコンダクターズが開発したMifareとなるが
 FelicaとMifareは互換性がありません。そこで両者のインターフェースを統一するためにNFCが生まれました。

 NFCの場合は、カードはFeliCaよりも安く仕入れられる上、システム維持コストも安くなる可能性が高くて、
 コストの優位性もあり、今後はFelicaベースで作られてきた多くのシステムが段階的にNFCに移行する予定。
 NFCがFelicaとMifareの両方式に上位互換があるので誤解されがちですが、NFCチップだけ搭載したスマート
 フォンでは、Felicaベースのオサイフケータイの決済はできません。従って移行段階では2つのチップが必要。


    



 ◆ NFCの特徴

 NFCでは「
かざす」というアクションだけで簡単にデータを送受信できることが最大の特徴です。NFCを
 搭載したスマートフォンをNFCを搭載したプリンターにかざせば撮影した写真をプリントアウトできたり、
 NFCを搭載したTVにかざせば、動画をテレビに映し出したりすることができます。


          



 ◆ NFC - 端末間通信機能(P2P)

 紹介した非接触型のICカードを利用した「カードエミュレーション機能やリーダーライター機能」以外に
 端末間通信機能(P2P)があります。これはNFC搭載の機器同士をかざす事だけで、メール、電話帳、画像、
 スケジュール、XMLデータなどをスムーズに認証とファイル交換できます。ただし大容量のデータを送受信
 する際には、
ペアリングと認証だけをNFCで行い、実際のデータ転送は別の高速な通信規格で実行させます。

 通信だけを別の高速規格に引き継ぐ事を
ハンドオーバーと言います。ハンドオーバーには2種類があります。
 ・ Bluetoothハンドオーバー
 
・ Wi-Fiハンドオーバー



LTEとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.