TCP/IP - DHCP



 ◆ DHCPとは

 DHCP ( Dynamic Host Configuration Protocol ) は、ネットワーク接続するのに必要なIPアドレスなどの
 情報を自動的に割り当てる
アプリケーション層プロトコルです。DHCPを使用すれば、IPアドレスに関する
 知識がないユーザでも、パソコンをケーブルに接続するだけで簡単にネットワーク接続することができます。



 ◆ DHCPの構成要素

 DHCPの環境はDHCPサーバとDHCPクライアントから構成されます。それぞれの特徴は以下のとおりです。

構成要素 役割 使用される機器
DHCPサーバ

IPアドレスの設定情報などを
DHCPクライアントに割り当てる

Windowsサーバ、Linuxサーバ、Ciscoルータなど
DHCPクライアント

IPアドレスの設定情報などを
DHCPサーバから割り当てられる

Windows OSなどのパソコン、IP電話など




 ◆ DHCPのパケット

 DHCPプロトコルはUDP上で動作するプロトコルです。DHCPサーバ宛にパケットを送る場合のポート番号は
 「67」を使用し、DHCPクライアント宛にパケットを送る場合はポート番号に「68」を使用します。下図の
 DHCPメッセージ部分に、例えばDHCPサーバがDHCPクライアントに割り当てるIPアドレス情報があります。





 ◆ DHCPの仕組み

 最初はDHCPクライアントは自身のIPアドレスも知らなければ、DHCPサーバのIPアドレスも知らないので
 全ての宛先(ブロードキャスト)にDHCP Discoverメッセージを送信して、ネットワーク全体に問い合わせ。


  




 次に、DHCPサーバはクライアントに割り当てるIPアドレス設定などをアドレスプールから選択して提案。
 DHCPサーバの仕様によりDHCP Offerはブロードキャストで送信するので、その場合は宛先MACとIPは
 ブロードキャストアドレスになります。今回の解説では、ユニキャストを送信することが前提の内容です。


  




 次に、DHCPクライアントは提案されたIPを使用する事を通知するためにDHCP Requestをブロードキャスト。


  





 最後に、DHCPサーバはDHCPクライアントが使用するIPアドレスなどの設定情報をDHCP Ackで送信します。

  


 これで、DHCPクライアントは自身のIPアドレスを「192.168.0.1/24」として稼動できるようになります。


 ◆ DHCPサーバ

 DHCPサーバにはWindowsサーバ、Linuxサーバ、Ciscoルータ等がなることができます。当然、設定方法は
 異なりますが設定項目自体は共通です。DHCPサーバには色々な設定項目がありますが、DHCPクライアント
 にIPアドレスを割り当てる範囲のアドレスプール、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイのアドレス、
 DNSサーバのIPアドレス、リース期間( IPアドレスの貸し出し期間 )などが、基本的な設定項目となります。



UDPとは DHCPリレーエージェント

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.