Cisco ISE - CMIC - Password Recovery



 ◆ CMICを使用したパスワードリカバリー

 ISEのパスワードリカバリーはCMICにより行えます。パスワードリカバリーではリスタートが発生します。

 @ 「Launch KVM Console」を押します。
 ※ はじめてLaunch KVM Consoleを起動する方は先ずCisco ISE Launc KVM Consoleをご参考ください。

 


 A 「Virtual Media」タブを選択します。

 


 B 「Add Image」でCMICにアクセスしているクライアントPCにあるISOイメージを選択します。

 


 C 「Mapped」をチェックします。

 


 D 「KVM」タブを選択します。「Macros」のメニューを選択して「Ctrl-Alt-Del」を選択します。
 ※ Ctrl-Alt-Delを入力するのではなく、以下の画面通りメニューキーで選択します。

 


 以下の画面が表示されます。

 

 


 E boot menuを表示するために「F6」を押します。以下の画面が表示されます。

 


 


 以下の画面が一瞬だけ表示されます。または、数秒以上表示される場合は「F6」ボタンを押しましょう。

 


 F マッピングする「CD/DVD」を選択してEnterキーを押します。

 


 G 以下の画面が表示されたら、コンソールケーブル接続後に「4」を入力します。
 ※ 間違って「1」や「2」を入力すると再インストールが開始するので注意しましょう。約1時間かかります。

 


 


 上図の「Ready」が表示されると、以下のパスワード入力画面が表示されるので以下の通りに入力します。

 



 ◆ 参考:CMICを使用したCisco ISEの初期化(再インストール)

 上記手順で以下の画面が表示されたら、「2」を入力することで再インストールが開始されて
 ISEの設定内容、各種ログ、インストールしたパッチなど全ての情報が削除されて初期化されます。

 



Cisco ISE

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.