Windows 7 - IIS Setup HTTP Server



 ※ Windows 7 IISのセットアップを読んで、IISのセットアップが完了していることが前提の解説です。

 ◆ Windows 7 - IIS HTTPサーバとしての設定

 ロードバランサ上で「SSLサーバ証明書」と「秘密鍵」を保持させる場合、下図の通りロードバランサと
 リアルサーバとの間では、例えばポート番号80を使用してHTTP通信をさせます。

    


 IISではデフォルトではHTTP通信にポート「80」を使用しますが、このポート番号を変更してHTTP通信を
 させる場合もあり、その場合は以下の手順でIISで使用するHTTP通信のためのポート番号を変更させます。


 @ 下図青枠の「*:80(http)参照」を選択して「https://localhost/」でIIS7が表示されることを確認。

 


 A 上図赤枠の「バインド」を選択して、下図画面で「編集」を選択します。現在の80番ポートを使用
 して、サービスポートを追加したい場合は「追加」を選択します。疑似環境に近づくように設定します。

 


 B リアルサーバ側(IIS)のポート番号を、以下では例えば「80」を「8080」に変更しています。

 

 


 C 最後に、下図の赤枠の「再起動」を選択すればOKです。

 


 D 上図の青枠の「 *:8080(http)参照 」を選択して、以下の通りhttps://localhost:8080/が開けばOK。

 

 検証試験を実施する上でポート番号の変更は、変更するごとにサービスの「再起動」をすることが重要です。



ロードバランサ 仕組み

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.