PIM-SM - Distribution Tree 2



 ※ 本記事はPIM-SMディストリビューションツリー作成の流れ(共有ツリーの作成)の続きの内容です。

 ◆ PIM-SM - ディストリビューションツリー作成の流れ(送信元ツリーの作成)

 E Senderでマルチキャストのアプリを起動して、マルチキャストのストリーミング配信を実行します。

 F 受信したR1では(*,239.1.1.5)エントリと(10.1.1.1, 239.1.1.5)エントリの2つが作成されます。
 ※ 現時点でこれらのエントリに対するOILは「Null」の状態です。この「Null」状態は一瞬だけです。

 



 G R1はマルチキャストパケットをPIM Registerメッセージにカプセル化して、RPへユニキャストで送信。

 H PIM Registerメッセージを受信したR2は(*,239.1.1.5)と(10.1.1.1, 239.1.1.5)のエントリを作成。

 


 I R2は、カプセル化を解除した上でR3へ向かってマルチキャストパケットを転送します。


   


 J 送信元ツリーを作成するために、R2からR1へPIM(10.1.1.1 , 239.1.1.5)Joinメッセージを送信します。

 K PIM(10.1.1.1,239.1.1.5)Joinメッセージを受信したR1はOILに「Gi 0/2」を追加します。
 ※ これにより、R1はマルチキャストパケットを転送できるようになります。

 


 L OILに「Gi0/2」が追加されたR1は(10.1.1.1,239.1.1.5)マルチキャストパケットを転送できます。
 ※ これにより、送信元ツリーが完成します。


    


 M OILに「Gi0/2」が追加されたR1は(10.1.1.1,239.1.1.5)マルチキャストパケットを転送します。

 N マルチキャストパケットを受信できるようになったR2は、PIM Registerメッセージが不要になった為
 R1に向かって、PIM Register-stopメッセージを送信して、マルチキャスト通信が行われるようになります。


    


 以上の通り、マルチキャストパケットは「R1→R2→R3」を経由してReceiverへ到達することになりますが
 これはPIM-SMのスイッチオーバー機能が実行されていない時の動作となります。Ciscoルータの場合には、
 ラストホップルータ(R3)がマルチキャストパケットを受信したタイミングで、すぐにスイッチオーバーが
 実行されるため、最短経路である「R1→R3」を経由して、マルチキャストパケットがReceiverへ届きます。

 本解説では、スイッチオーバーが発生しないようにR3で「ip pim spt-threshold infinity」を設定しています。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.