Flexible NetFlow - C3KX-SM-10G Module



 ◆ Flexible NetFlow - C3KX-SM-10Gモジュール

 C3560X/3750Xでは、例えばC3K-SM-10Gモジュールを搭載することでFlexible NetFlowを実装できます。
 C3K-SM-10Gモジュールを搭載して、Flexible NetFlowを実装する場合の注意点や仕様などは以下の通り。

 @ ハードウェア要件 : VIDが02以上またはHW Revisionが0x03以上
 A IOS : 15.0 (1) SE以降
 B ライセンス : IP Base以上
 C モジュール用ソフトウェアは個別に必要 : 例 (c3kx-sm10g-tar.150-1.SE2.tar)

 ※ スイッチ用のIOSソフトウェアとモジュール用のソフトウェアとバージョンを同じにします。
 ※ 以下のコマンドでスイッチのIOSとモジュールのソフトウェアを同時にアップグレードすることが推奨。
 ⇒ 
archive download-sw <IOS Image path>.tar <SM Image path>.tar
 ※ archive download-sw で上手く実行できない場合、/no-version-check 指定で上手くいく時があります。


 

 正常にC3K-SM-10Gモジュールを認識したかどうかは show switch service-modules で確認できます。
 H/W StatusがLB-PASS-THRUの場合やCPU Linkがnotconnectedであれば上記要件を満たしていません。

 ◇ 正常に出力されるログのステップは以下の通りです。
 POST: Macsec Uplink Loopback Tests : Begin
 POST: Macsec Uplink Loopback Tests : Passed Encryption Mode
 POST: Macsec Uplink Loopback Tests : Passed Decryption Mode
 POST: Macsec Uplink Loopback Tests : End
 PLATFORM-6-FRULINK_INSERTED: FRULink 10G SM module inserted in Switch 1
 
PLATFORM_SM10G-6-LINK_UP: The FRULink 10G Service Module (C3KX-SM-10G) communication has been established.
 ⇒ Catalyst3750X起動完了後、上記メッセージが出力完了するまで約5分くらいかかります。最終行の出力が特に長く感じます。

 スイッチのIOSとモジュールのソフトウェアの同時アップグレードが推奨とはいえ、当方は分けてやります。
 先ず通常の手順でIOSをアップグレードして、次に以下の手順でC3K-SM-10Gモジュールだけをアップします。

 @ 現在のC3KX-SM-10GモジュールのCPU Linkを確認
 現在は、本体とSMモジュールのバージョンが合っていないことから、以下のログとステータスになります。
 
%PLATFORM_SM10G-3-SW_VERSION_MISMATCH: The FRULink 10G Service Module (C3KX-SM-10G) in switch 1 has a
 software version that is incompatible with the IOS software version. Update the software. Module is in pass-thru mode.

 


 A archive download-sw コマンドによりc3kx-sm10g-tar.ファイルのアップグレード

 


 B 最後に機器の再起動ではなく、モジュールだけを再起動

 




NetFlowとは - CiscoIOS NetFlow - 設定コマンド Flexible NetFlowとは - 設定コマンド

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.