Flexible NetFlow - Command



 ◆ Flexible NetFlow - C3560X/3750X 設定コマンド ( 前提 )

 @ Cisco IOSが「IP Base」または「IP Service」である必要がある。
 A C3KX-SM-10Gモジュールなどのネットワークサービスモジュールを搭載したI/Fで設定できる。
 B 1つのインターフェースにあたり、着信方向に1つ、発信方向に1つのモニターをサポート。
 C ポートチャネル インターフェースへのモニターの適用はできない。
 D NetFlow-5、定義したフローレコード、ISL、Policy-Based NetFlow、Cisco TrustSec はサポート外。



 ◆ Flexible NetFlow - C3560X/3750X 設定コマンド ( フローレコードの作成 )

 @ フローレコードの作成
 (config)# flow record name

 A フローレコードのKeyフィールドの定義
 (config-flow-record)#
match [ ipv4 | ipv6 ] [ destination | source ] address
 (config-flow-record)#
match datalink [ destination-vlan-id | dot1q | ethertype | mac | source-vlan-id ]
 (config-flow-record)#
match transport [ icmp | igmp | source-port | tcp | udp ]

 B フローレコードのNon-Keyフィールドの定義
 (config-flow-record)#
collect counter [ bytes [ exported | long ] flows [ exported ] | packets ] [ exported | long ]
 (config-flow-record)#
collect timestamp sys-uptime [ first | last ]
 (config-flow-record)#
collect interface [ input | output ] snmp


 ◆ 設定例 : "RECORD1"というフローレコードの作成、match と collect は以下のように設定 - show flow record で確認

 
Switch(config)# flow record RECORD1
 Switch(config-flow-record)# match ipv4 source address
 Switch(config-flow-record)# match ipv4 destination address
 Switch(config-flow-record)# match transport source-port
 Switch(config-flow-record)# match transport destination-port

 Switch(config-flow-record)# collect counter bytes
 Switch(config-flow-record)# collect counter packets



 ◆ Flexible NetFlow - C3560X/3750X 設定コマンド ( フローエクスポーターの設定 )

 @ フローエクスポーターの作成
 (config)# flow exporter name

 A フローエクスポーターのあて先システムのIPアドレスの設定
 (config-flow-exporter)#
destination ipaddress [ vrf name ]

 B (任意):エクスポータによって送信されるデータグラムのDSCP値の設定
 (config-flow-exporter)#
dscp dscp

 C (任意):エクスポータに送信する際の送信元インターフェースの指定
 (config-flow-exporter)#
source interface-id

 D (任意):エクスポータのオプションデータパラメータの設定、タイムアウトの範囲は1〜86400秒、デフォルト値は600。
 (config-flow-exporter)#
option [ exporter-stats | interface-table | sampler-table ] [ timeout seconds ]

 E (任意):タイムアウトに基づいたテンプレートの再送信の設定。再送信間隔の範囲は1〜86400秒、デフォルト値は600。
 (config-flow-exporter)#
template data timeout seconds

 F (任意):エクスポートにより送信されるデータグラムの存続時間(TTL値の指定)。デフォルトは255。
 (config-flow-exporter)#
ttl ttl

 G エクスポートされるデータグラムを送信する際に、あて先システムが待機しているUDPポート番号の指定
 (config-flow-exporter)#
transport udp port


 ◆ 設定例 : 送信元アドレスを"loopback0"にして、エクスポート先に10.1.1.1 ( UDP2055 )を指定した EXPORTER1 の作成

 
Switch(config)# flow exporter EXPORTER1
 Switch(config-flow-exporter)# destination 10.1.1.1
 Switch(config-flow-exporter)# source loopback0
 Switch(config-flow-exporter)# transport udp 2055

 ※ 確認コマンド : show flow exporter EXPORTER1




 ◆ Flexible NetFlow - C3560X/3750X 設定コマンド ( フローモニターの作成 )

 @ フローモニターの作成
 (config)# flow monitor name

 A フローモニターの適用する事前に作成したフローレコードの指定
 (config-flow-monitor)#
record name

 B (任意):フローモニタキャッシュパラメータ ( タイムアウト値、キャッシュ エントリ数、キャッシュ タイプなど )の変更
 (config-flow-monitor)#
cache [ timeout active seconds | type normal ]

 ※ timeout active : アクティブフロータイムアウトの設定 (分析の細かさを定義) Defaultは1800秒。一般値は60 or 300秒。
 ※ type normal : フローキャッシュからの通常のフロー削除を設定。


 C (任意):事前に作成されたエクスポータの名前を指定
 (config-flow-monitor)#
exporter name


 ◆ 設定例 : 作成したフローレコード「RECORD1」、エクスポーター「EXPORTER1」を適用したモニター(MONITOR1)を作成

 
Switch(config)# flow monitor MONITOR1
 Switch(config-flow-monitor)# record RECORD1
 Switch(config-flow-monitor)# cache timeout active 300
 Switch(config-flow-monitor)# cache type normal
 Switch(config-flow-monitor)# exporter EXPORTER1

 ※ 確認コマンド : show flow monitor MONITOR1


 ◆ Flexible NetFlow - C3560X/3750X 設定コマンド ( インターフェースへのフローモニターの適用 )

 @ フローモニターを適用するインターフェースの指定
 (config)# interface interface-id

 A フローモニターの適用する事前に作成したフローレコードの指定
 (config-if)# [
ip | ipv6 ] flow monitor name [ layer2-switched | multicast | sampler | unicast ] [ input | output ]

 ※ 
ip :IPv4アドレスに一致するレコードを入力。ipv6 : IPv6アドレスに一致するレコードを入力。
 ※ 
input :入力トラフィックにフローモニタを適用。 output : 出力トラフィックにフローモニタを適用。
(任意)layer2-switched:L2トラフィックに適用。unicast:ユニキャストトラフィックに適用。multicast:マルチキャストに適用。
(任意)sampler : カスタマイズして作成したサンプラに対してフローモニタを適用する。


 ◆ 設定例 : 作成したフローモニター「MONITOR1」を interface vlan 10 に対して着信方向で適用

 
Switch(config)# interface TenGigabitEthernet1/1/1
 Switch(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q
 Switch(config-if)# switchport mode trunk

 Switch(config)# interface vlan 10
 Switch(config-if)# ip flow monitor MONITOR1 input

 ※ 確認コマンド : show flow interface vlan 10



 以上の設定後 sh flow monitor MONITOR1 cache format tableコマンドでFlexible NetFlowを確認できます。

 


 基本的な設定は以上となりますが、フローサンプリングを適用したい場合は以下の手順に従って、先に
 フローサンプリングを作成した上で作成したモニターとフローサンプリングをインターフェースに適用。



 ◆ Flexible NetFlow - C3560X/3750X 設定コマンド ( フローサンプリングの作成とI/Fへの適用 )

 @ フローサンプリングの作成
 (config)# sample name

 A パケットを選択するモード、及びレートを定義
 (config-sampler)#
mode random 1 out-of rate

 B フローモニターを適用するインターフェースの指定
 (config)# interface interface-id

 C フローモニターを適用するインターフェースの指定
 (config-if)# [ ip | ipv6 ] flow monitor name sampler name [ input | output ]


 ◆ 設定例 : 作成したフローモニター「MONITOR1」とサンプラ―「SAMPLER1」を gigabitethernet 1/1/1 に着信方向で適用


 Switch(config)# sample SAMPLER1
 Switch(config-sampler)# mode random 1 out-of 2

 
Switch(config)# interface TenGigabitethernet 1/1/1
 Switch(config-if)# ip flow monitor MONITOR1 sampler SAMPLER1 input


 ※ 確認コマンド : show sampler SAMPLER1








Flexible NetFlowとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.