MSTP - Configuration 1



 ◆ MSTPの設定 - インスタンスとVLANマッピング・リージョン・リビジョン

 STPやRSTPを設定する場合は、最初に spanning-tree mode コマンドによってモードを定義しますが、
 MSTPの場合、シスコのマニュアルではモードの定義前に以下3つの設定を行うことを手順としています。

 @ VLANとMSTインスタンスのマッピング
 A リージョン名の設定
 B リビジョン番号の指定

 そして、これらの3つを定義するためには、MSTコンフィグレーションモードを開始する必要があります。

 
◆ MSTコンフィグレーションモードへ移行
 (config)#
spanning-tree mst configuration


 MSTコンフィグレーションモードの移行後に上記の3項目を以下のコマンドで設定していきます。これらを
 
全てのスイッチで同じ設定にすることで、同一設定のスイッチは同じMSTリージョンに所属できます。同じ
 MSTリージョンに所属できることで、それらのスイッチでは、MSTPを同一のポリシーで動作させられます。

 
◆ @ VLANとMSTインスタンスのマッピング
 (config-mst)#
instance instance-id vlan vlan-range

コマンド引数 説明
instance-id


 instance-id に指定できる範囲は 0 〜 4094。instance 0 は ISTインスタンスとなるので、
 新規作成の場合は instance 1 〜 4094 の範囲で MSTインスタンスを指定する。

vlan-range


 インスタンスにマッピングするVLANの範囲を指定。設定例は、VLAN 10〜20 を
 MSTインスタンスである例えば インスタンス1 にVLANマッピングしている例。

 (config)# instance 1 vlan 10-20



 ◆ A リージョンの設定
 (config-mst)#
name name

コマンド引数 説明
name


 リージョン名を32文字以内で指定する。大文字と小文字は区別される。

 (config)# name regionA



 
◆ B リビジョン番号の設定
 (config-mst)#
revision version

コマンド引数 説明
version


 リビジョン番号を 0 〜 65535 の範囲で指定する。

 (config)# revision 1



 MSTの設定後、
show pending を入力して設定内容が意図したものであるかどうかを確認します。
 設定完了後に運用状態に入り、その後に設定変更する場合は変更管理のためにすべてのスイッチで
 リビジョン番号を例えば 2 に変更します。あるいは、
VTPv3を使用して同期させることも可能です。

 ◆ MSTPの設定例( 最小限の設定 )

 Catalyst(config) #
spanning-tree mst configuration
 Catalyst(config-mst) # instance 1 vlan 11-20
 Catalyst(config-mst) # instance 2 vlan 21-30
 Catalyst(config-mst) # name regionA
 Catalyst(config-mst) # revision 1
 Catalyst(config-mst) # show pending

 Pending MST configuration
 Name [regionA]

 Instance Vlans Mapped
 -------- ---------------------
 0 1-10, 31-4094
 1 11-20
 2 21-30
 -------- ---------------------

 Catalyst(config-mst) #
exit
 Catalyst(config) #
 Catalyst(config) # spanning-tree mode mst


 spanning-tree mode mst コマンドによってMSTPがイネーブルになり、RSTPもイネーブルになります。



MSTP - インスタンス、リージョン、リビジョン、IST、MST、CST、CIST  MSTP - コンフィグ設定 その2

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.