MSTP - Configuration 2



 ◆ MSTPの設定 - ブリッジプライオリティの設定

 STPとRSTPの場合、ルートブリッジはVLANごとに設定しますが、MSTPの場合はルートブリッジを
 インスタンスごとに設定します。そのため、MSTのインスタンスIDを指定してプライオリティを設定。
 以下のMSTPの設定は、スイッチごとに異なる設定にします。

 
◆ ブリッジプライオリティの設定
 (config)#
spanning-tree mst instance-id priority priority

コマンド引数 説明
instance-id

 ブリッジプライオリティを設定するインスタンス ID ( 0 〜 4094 ) を指定する。

priority


 指定したインスタンスIDのブリッジプライオリティ値を設定する。MSTPの場合、0 〜 61440 の
 範囲で
4096 単位で指定する。以下はインスタンス 1 にブリッジプライオリティを 4096 にする例。

 (config)#
spanning-tree mst 1 priority 4096

 プライオリティに指定できる値(0, 4096, 8192, 12288, 16384, 20480, 24576, 28672, 32768,..61440)


 STPやRSTPの時と同じように「root primary」と「root secondary」コマンドもMSTPで使用できますが
 一般的にはルートブリッジの定義にはこのコマンドを使用せず
spanning-tree mst 1 priority 0 とします。

 ◆ ルートブリッジの設定
 (config)#
spanning-tree mst instance-id root primary

 ◆ セカンダリルートブリッジの設定
 (config)# spanning-tree mst instance-id root secondary


 
※ スイッチドネットワーク全体のCISTルート(CSTルート)にしたい場合、以下の通りに設定します。
 (config)#
spanning-tree mst 0 prirority 0


 ◆ MSTP - ポートコストの設定

 STPやRSTPと同様にMSTPでは、ポートの役割の選定基準に「パスコスト」と「ポートID」を使用します。
 MSTPの場合、パスコストはインスタンス単位で設定しますが、MSTPの場合もパスコストのデフォルト値は
 ポートの速度に基づいて算出されます。MSTPにおいて、そのデフォルト値は以下の通りです。

ポートの速度 パスコスト値
10 Mbps 2,000,000
100 Mbps 200,000
1 Gbps 20,000
10 Gbps 2,000
100 Gbps 200


 
◆ MSTPのパスコスト値の変更
 (config)# interface interface-id
 (config-if)#
spanning-tree mst instance-id cost cost

コマンド引数 説明
instance-id


 パスコスト値を変更したいインスタンス ID( 0 〜 4094 )を指定する。

cost


 指定したインスタンスIDに対して、コスト値( 1 〜 20000000 )を指定する。
 Gi0/1ポートにおいてインスタンス 1 のパスコスト値を 10 にする設定例は以下。

 (config)# interface GigabitEthernet 0/1
 (config-if)#
spanning-tree mst 1 cost 10

 ※ CISTルートとCISTリージョナルルートへのパスコストを調整するためにはインスタンス 0 を指定してコスト値を調整。




 ◆ MSTP - ポートプライオリティの設定

 ポートプライオリティ値はデフォルトで
128です。このデフォルト値は16の倍数として設定変更可能です。
 指定できる値の範囲は「 0 〜 240 」となります。この設定も該当ポートのVLANではなくインスタンスに
 対して適用する設定となります

 
◆ ポートプライオリティ値の変更
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
spanning-tree mst instance-id port-priority priority

コマンド引数 説明
instance-id

  ポートプライオリティ値を変更したいインスタンス ID( 0 〜 4094 )を指定する。

priority


 指定したインスタンスにおいて、プライオリティ値を 16 の倍数で指定する。
 指定できるプライオリティ値は以下となります。
 0、16、32、48、64、80、96、112、128、144、160、176、192、208、224、240

 Gi0/1 ポート上のインスタンス 1 に対してポートプライオリティ値を16にする設定例。
 (config)# interface GigabitEthernet 0/1
 (config-if)#
spanning-tree mst 1 port-priority 16




MSTP - コンフィグ設定 その1 MSTP - コンフィグ設定 その3

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.