MSTP - Configuration 3



 ◆ MSTPの設定 - コンフィグ設定例


    


 ◆ SWA - コンフィグ設定

 Catalyst(config) #
spanning-tree mst configuration
 Catalyst(config-mst) # instance 1 vlan 11-20
 Catalyst(config-mst) # instance 2 vlan 21-30
 Catalyst(config-mst) # name regionA
 Catalyst(config-mst) # revision 1
 Catalyst(config-mst) # show pending

 Pending MST configuration
 Name [regionA]

 Instance Vlans Mapped
 -------- ---------------------
 0 1-10, 31-4094
 1 11-20
 2 21-30
 -------- ---------------------

 Catalyst(config-mst) #
exit
 Catalyst(config) #
 Catalyst(config) # spanning-tree mode mst

 Catalyst(config) # spanning-tree mst 1 priority 0
 Catalyst(config) # spanning-tree mst 2 priority 4096


 ◆ SWB - コンフィグ設定

 Catalyst(config) #
spanning-tree mst configuration
 Catalyst(config-mst) # instance 1 vlan 11-20
 Catalyst(config-mst) # instance 2 vlan 21-30
 Catalyst(config-mst) # name regionA
 Catalyst(config-mst) # revision 1
 Catalyst(config-mst) # show pending

 Pending MST configuration
 Name [regionA]

 Instance Vlans Mapped
 -------- ---------------------
 0 1-10, 31-4094
 1 11-20
 2 21-30
 -------- ---------------------

 Catalyst(config-mst) #
exit
 Catalyst(config) #
 Catalyst(config) # spanning-tree mode mst

 Catalyst(config) # spanning-tree mst 1 priority 4096
 Catalyst(config) # spanning-tree mst 2 priority 0


 ◆ SWC - コンフィグ設定

 Catalyst(config) #
spanning-tree mst configuration
 Catalyst(config-mst) # instance 1 vlan 11-20
 Catalyst(config-mst) # instance 2 vlan 21-30
 Catalyst(config-mst) # name regionA
 Catalyst(config-mst) # revision 1
 Catalyst(config-mst) # show pending

 Pending MST configuration
 Name [regionA]

 Instance Vlans Mapped
 -------- ---------------------
 0 1-10, 31-4094
 1 11-20
 2 21-30
 -------- ---------------------

 Catalyst(config-mst) #
exit
 Catalyst(config) #
 Catalyst(config) # spanning-tree mode mst



 ◆ MSTP - ステータス確認コマンド

MSTステータス確認コマンド 説明
 show spanning-tree mst configuration  MSTリージョンの設定を表示
 show spanning-tree mst instance-id  指定したインスタンスのMST情報を表示
 show spanning-tree mst interface interface-id  指定したインターフェイスのMST情報を表示


 show spanning-treeコマンドで表示されるPriority値には、設定されたブリッジプライオリティに対して
 STPとRSTPの場合は「VLAN ID」が加算されて表示されて、MSTPの場合は「インスタンスID」が加算
 されて表示されますが、これは下図の通り拡張システムIDでその値を伝達していることが起因しています。







MSTP - コンフィグ設定 その2 MSTP - リージョン内の動作

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.