MSTP - External Region



 ◆ MSTリージョン間の動作

 スイッチドネットワーク全体に、複数のMSTリージョンまたはIEEE802.1Dスイッチが混在している場合、
 MSTPは、ネットワーク内の全てのMSTリージョンと802.1Dスイッチからなる
CSTを構築して維持します。

 MSTは、
リージョンの境界でISTと結合してCSTになります。ISTは、リージョン内のMSTPスイッチに
 接続して、スイッチドドメイン全体を網羅するCISTのサブツリーと見なされます。サブツリーのルートは
 CISTリージョナルルートです。下図は、3つのMSTリージョンと802.1Dスイッチから構成されています。


  

 

対象スイッチ 所属リージョン スイッチの役割
スイッチA リージョンAAA  CISTルート、CISTリージョナルルート、AAAにおけるMST1と2のインスタンスルート
スイッチB リージョンBBB  CISTリージョナルルート、BBBにおけるMST1と2のインスタンスルート
スイッチC リージョンCCC  CISTリージョナルルート、CCCにおけるMST1と2のインスタンスルート


 ◆ ISTインスタンスの機能

 ISTインスタンスは、1つのMSTリージョン全体を
1つのCST仮想ブリッジとして外部に示す機能があります。
 上図と下図は機能的には同等であり、スイッチドネットワーク全体からすると、インスタンス 0 において、
 リージョンCCCのスイッチ側にブロッキングポートが発生することになります。MSTの場合、インスタンス
 ごとのロードバランスを実装できますが、リージョン間では、このようにCSTネットワークとして位置付け
 られることから、1つのスパニングツリ―トポロジーしか作れません。

  


 なお、CIST(CST)ルートに対しパスコストが最も低いスイッチがCISTリージョナルルートになりますが、
 上図の通り、リージョン内部ではCIST(CST)ルートまでのパスコストは変更されることはなく、異なる
 リージョンからBPDUを受信した時に変更されます。従って、スイッチドネットワーク全体で意識すべきは
 CISTルート、CISTリージョナルルートということになります。




← MSTP - リージョン内の動作

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.