RSTP - Proposal / Agreement / Convergence



 ◆ RSTP - プロポーザルとアグリーメント

 RSTPでは、STPのように「リスニング⇒ラーニング⇒フォワーディング」ステートではなくプロポーザルと
 アグリーメントによる
Handshakeを導入したことで高速に動作します。そのHandshakeの動作を見てみます。
 先ず、スイッチ間の接続が行われると各スイッチは「自身がルートブリッジでありポートが指定ポートである」
 という
Proposal BPDUを送信します。BPDUにはブリッジプライオリティやルートパスコスト情報があります。


      



 受信したProposal BPDUの中身からブリッジプライオリティやルートパスコストの情報を比較して、相手が
 選出順として強い場合、相手のポートを指定ポート(DP)と認めて、自身のポートをルートポート(RP)として
 転送状態にし、その他のポートは一時的にディスカーディング状態にして
Agreement BPDUを送信します。
 一方で、自身が選出順として強い場合、相手からのAgreement BPDUを受信するとすぐに転送を開始します。


      


 ◆ RSTP - 障害発生時の動作

 RSTPでは、代替ポート(AP) の持つスイッチのルートポートで障害を検知した場合は、STPのように
 リスニング ⇒ ラーニング ⇒ フォワーディングのような変化をせずに、すぐに転送状態へ切り替えます。


   



 RSTPでは、トポロジー変化の発生源であるスイッチがTCビットのセットされたBPDUをネットワーク全体に
 フラッディングします。その後、Handshake(Proposal & Agreement)により高速収束します。このように
 STPのようにルートブリッジへBDPUが到達するまで待機したり、収束するまで50秒も待つ必要がありません。


  



 ◆ RSTP - リンクタイプ

 RSTPではスイッチ間接続のリンクを
ポイントツーポイントリンクシェアードリンクの2つに分類しています。
 RSTPでの高速収束を実現するためのスイッチ間の接続はポイントツーポイントリンクにする必要があります。

RSTPのリンクタイプ 説明
ポイントツーポイント
リンク
 全二重で動作するポート。スイッチ間が1対1で直接接続される、高速収束可能なリンク。
シェアードリンク

 半二重で動作するポート。スイッチ間接続にリピータハブ等がある可能性があり、1つのセグメントに
 複数のスイッチが存在するような接続。収束は、従来のSTPタイマーに依存するリンク。



     




RSTPとは RSTP - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.