RSTP - Configuration



 ◆ RSTPの設定(rapid-PVST+の設定): スパニングツリーモードの変更

 Catalystでは、デフォルトでスパニングツリーのモードは
STP(PVST+)として有効化されています。
 このモードをRSTP(rapid PVST+)に変更する必要があります。モードをRSTPに変更するコマンドは
 以下の通りです。

 
◆ スパニングツリープロトコルのモード設定
 (config)#
spanning-tree mode [ mst | pvst | rapid-pvst ]

コマンド引数 説明
pvst
 STP(IEEE802.1D)のモード。正確には PVST+ として動作するモード。

 (config)#
spanning-tree mode pvst

rapid-pvst
 RSTP(IEEE802.1W)のモード。正確には rapid-PVST+ として動作するモード。

 (config)#
spanning-tree mode rapid-pvst

mst
 MST(IEEE802.1S)のモード。

 (config)#
spanning-tree mode mst




 ◆ RSTPの設定(rapid-pvstの設定): スパニングツリーの有効化 / 無効化

 RSTPの有効化/無効化の設定はSTPと同じ考え方です。デフォルトで全てのVLANでRSTPが有効化されて
 特定のVLANでRSTPを無効化したい場合は、以下のコマンドの通り no spanning-tree vlan を設定します。

 
◆ ラピッドスパニングツリープロトコルの有効化
 (config)#
spanning-tree vlan vlan-id

 
◆ ラピッドスパニングツリープロトコルの無効化
 (config)#
no spanning-tree vlan vlan-id

コマンド引数 説明
vlan-id


 ラピッドスパニングツリープロトコルを無効化するVLAN ID (1〜4094) を指定します。例えば
 VLAN 10 だけラピッドスパニングツリープロトコルを無効化したい場合は、以下のように設定。

 (config)#
no spanning-tree vlan 10



 ◆ RSTPの設定(rapid-PVST+の設定): ブリッジプライオリティの設定

 ブリッジプライオリティの設定もSTPと同じ考え方となります。RSTPもSTP同様にVLANごとに設定できます。

 
◆ ブリッジプライオリティの設定
 (config)#
spanning-tree vlan vlan-id priority priority

コマンド引数 説明
vlan-id

 ブリッジプライオリティを設定するVLAN ID ( 1〜4094 ) を指定する。

priority


 指定したVLAN IDに対するブリッジプライオリティ値を設定する。Rapid-PVST+ の場合、0 〜 61440
 の範囲で、4096単位で指定する。以下は、VLAN 10 のブリッジプライオリティを 4096 にする設定例。

 (config)#
spanning-tree vlan 10 priority 4096

 プライオリティに指定できる値(0, 4096, 8192, 12288, 16384, 20480, 24576, 28672, 32768,..61440)


 STPと同様にルートブリッジの設定のために spanning-tree vlan vlan-id root primary コマンドや
 spanning-tree vlan vlan-id root secondaryコマンドがありますが、ここではその解説を割愛します。



 ◆ RSTPの設定(rapid-PVST+の設定): エッジポートの設定

 RSTPでは、STPのようにUplinkFastの設定、BackboneFastの設定はありません。設定がないというより
 RSTPは高速収束できるのでそのような設定が不要なのです。しかし、スパニングツリーモードをRSTPに
 していても、スイッチに接続する機器がBPDUを送受信しないPCやルータ等の場合は高速に収束できない
 ので、このような機器が接続するスイッチポートではSTPと同様にPortFastの設定をして高速収束させます。

 
◆ PortFastの設定 ( 特定のインターフェースへの適用 ) - 推奨設定
 (config-if)#
spanning-tree portfast

 
◆ PortFastの設定 ( 全てのアクセスポートでPortFastを有効化する設定 ) - 非推奨設定
 (config)#
spanning-tree portfast default


 RSTPのステータスはshow spanning-treeコマンドで確認できますが、このステータスの見方はSTPの時と
 ほぼ同じ内容なのでここでは割愛。詳細はスパニングツリープロトコルのステータス見方 をご参考下さい。



 ◆ 参考 1 - ポートコストの設定(STP/RSTPで同じコマンド)

 コスト値は、デフォルトで[ 10Gbps = 2 ]、[ 1Gbps = 4 ]、[ 100Mbps = 19 ]、[ 10Mbps = 100 ] 値
 ですが、デフォルトのコスト値を以下のコマンドで変更できます。これはインターフェース上で設定します。

 
◆ コスト値
 (config-if)#
spanning-tree vlan vlan-id cost cost

コマンド引数 説明
vlan-id

 そのインターフェースにおいて、コスト値を変更したい VLAN ID ( 1〜4094 ) を指定する。

cost


 指定したVLAN IDにおいて、コスト値 ( 1 〜 20000000 ) を指定する。例えば、インターフェース
 GigabitEthernet 0/1 のトランクポート上のVLAN 10 でコスト値を 1 にする設定例は以下。

 (config)# interface GigabitEthernet 0/1
 (config-if)#
spanning-tree vlan 10 cost 1


 ※ VLANを指定せず (config-if)# spanning-tree cost 1 と設定すれば、そのI/F上の全てのVLANでコスト値が 1 となります。



 ◆ 参考 2 - ポートプライオリティの設定(STP / RSTPで同じコマンド)

 ポートプライオリティ値はデフォルトで
128です。このデフォルト値は16の倍数として設定変更可能です。
 指定できる値の範囲は [ 0 〜 240 ] となります。当然、このコマンドもインターフェース上で設定します。

 
◆ ポートプライオリティ値の変更
 (config-if)#
spanning-tree vlan vlan-id port-priority priority

コマンド引数 説明
vlan-id

 そのインターフェースにおいて、コスト値を変更したいVLAN ID ( 1〜4094 ) を指定する。

priority


 指定したVLAN IDにおいて、プライオリティ値を16の倍数で指定する。例えば、インターフェース
 GigabitEthernet 0/1 のトランクポート上のVLAN 10 でポートプライオリティ値を 144 にする
 設定例は以下となる。

 (config)# interface GigabitEthernet 0/1
 (config-if)#
spanning-tree vlan 10 port-priority 144


 ※ VLANを指定せず (config-if)# spanning-tree port-priority 144 と設定すれば、そのI/F上の全てのVLANでその値が適用。



RSTPの動作

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.