RSTP - BPDU Format



 ◆ RSTP - BPDUフォーマット

 RSTPでは、STPと同じ形式のBPDUを使用しています。RSTPのBPDUのフォーマットは以下の通りです。
 RSTPとSTPと異なる点は赤字にしています。バージョン、メッセージタイプ、フラグがSTPと異なります。

フィールド フィールド(日本語) 説明 サイズ
(byte)
Protocol ID プロトコルID  この値は常に 0 2
Version バージョン  STPバージョン ( 802.1w = 2 ) 1
Message Type メッセージタイプ

 BPDUタイプ ( 802.1w = 0x02 )

1
Flags フラグ

 bit 1 : プロポーザル
 
bit 2-3 : ポートの役割
 
bit 4 : ラーニング
 
bit 5 : フォワーディング
 
bit 6 : アグリーメント

1
Root ID ルートID  ルートブリッジのブリッジID 8
Path Cost パスコスト  ルートブリッジに到達するまでの累積コスト 4
Bridge ID ブリッジID  スイッチ自身のブリッジID 8
Port ID ポートID  ポートプライオリティとポート番号 2
Message Age メッセージエージ

 ルートがBPDUを生成してから経過した秒数。
 実質的にはルートブリッジに至るホップカウント。

2
Max Age 最大エージ

 BPDUの最大保持時間。デフォルトで20秒。このタイマーの時間が
 経過してもBPDUを受信できない場合は障害が発生したと認識する。
 このフィールドはSTPモードのスイッチと接続する場合などで有効。

2
Hello Time Helloタイム  スイッチがBPDUを送信する間隔。デフォルトで2秒。 2
Forward Delay 転送遅延

 Listening と Learning 状態にとどまる時間。デフォルトで15秒。
 このフィールドはSTPモードのスイッチと接続する場合などで有効。

2


 BPDUフォーマットの「フラグ」を下図で詳細に見てみましょう。RSTPでは、STPでは使用していなかった
 6ビットを使用しています。RSTPではスイッチ間がポイントツーポイント接続の場合、
プロポーザルBPDU
 アグリーメントBPDUをやり取りしてネゴシエーションすることで、タイマーに依存しない高速収束を実現。


     



RSTPとは RSTP - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.