TCP/IP - HTTP



 ◆ HTTPとは

 HTTP (HyperText Transfer Protocol) は、WebサーバとクライアントのWebブラウザがデータを送受信
 するために使用する
アプリケーション層のプロトコルです。HTTPにより、Webページを記述するために
 使用する言語(HTML)による文書、画像、音声、動画等のファイルを表現形式を含めてやりとりできます。




 ◆ URLの構造

 Webアクセスのためには、Webブラウザで
URL(Uniform Resource Locators)を指定する必要があります。
 インターネット上の資源の場所を示す URL は以下の書式で記述します。大きく3つの構成要素があります。


           


URLの構成 説明
スキーム


 アクセスするプロトコルを指定する部分。HTTPによるWebアクセスを行うためには「 http 」と入力。

 HTTPにSSLを使用した暗号化によるWebアクセスを行うためには「 https 」と入力。ポート番号443。
 WebブラウザでFTPサーバにアクセスしたい場合は「ftp」 と入力する。その他のスキームの一覧はこちら

ホスト名


 アクセスするホスト名を指定する部分。DNSでは
FQDNと呼ばれている部分。
 ホスト名の後にポート番号を指定することができる。ポート番号を省略した場合はデフォルトで
 「http」 でアクセスする場合ポート番号に「80」を使用する。つまり、以下の入力結果は同じ意味。
 「 http://www.infraexpert.com/ 」 = 「 http://www.infraexpert.com:80/ 」

パス


 Webブラウザで表示させたいWebページのファイル名を指定する部分。ファイル名を指定しない場合
 デフォルトで「index.html」のファイル名が呼び出される。つまり以下は同じWebページが表示される。
 「 http://www.infraexpert.com/ 」 = 「 http://www.infraexpert.com/index.html 」


 ※ なお、当サイトのURLを「 http://〜 」で入力しても、「https://〜」にリダイレクトさせる設定をWebサイトでしています。




 ◆ HTTPのパケット

 HTTPはTCPプロトコル上で動作しており、Webサーバにアクセスするために使用しているポート番号は80。


            




 ◆ Webアクセスの仕組み

 HTTPはとてもシンプルなプロトコル。HTTPでは、データを要求するHTTPリクエストとそれに応答して
 要求されたデータを送り返す
HTTPレスポンスの2つのやりとりを繰り返してWebページを表示しています。


   


シーケンス 説明
@

 利用者がWebブラウザにURLを入力してEnterキーを押す。

A

 Webブラウザは指定したWebサーバにHTTPリクエストを送信して、Webページのデータを要求。

B

 Webサーバは、Webブラウザから受信したHTTPリクエストを解析。

C  Webサーバが、Webブラウザに要求されたデータをHTTPレスポンスとして返信。
D  Webブラウザは、受信したデータを解析してWebページとして表示。




 ◆ HTTPリクエストメッセージ

 HTTPリクエストのメッセージはリクエスト行、メッセージヘッダ、空白行、メッセージボディで構成。


    


HTTPリクエストの構成 説明
リクエスト行

 Webサーバに要求する情報を示す。メソッドURIHTTPバージョンの情報がある。
 メソッドとはWebサーバに要求を示すコマンドのこと。URIとはリクエストの対象となるデータ
 を指す情報のこと。HTTPバージョンとは、Webブラウザがサポートするバージョンのこと。

メッセージヘッダ

 WebサーバにWebブラウザの情報を示す。具体的に、Webブラウザ側でサポートする
 データのタイプ、データの圧縮方法、ブラウザの種類などの情報がある。

空白行

 Webサーバにメッセージヘッダーの終わりを伝えるために使用する。

メッセージボディ

 Webサーバにデータを送るために使用する。例えば、Webページ上で入力欄がある場合
 そこに入力したテキスト情報をWebサーバに送るために使用。入力情報がなければ空白。


 リクエスト行にあるメソッドには主に以下のようなものがあります。とても重要な内容です。

メソッドの種類 説明
GET

 データを取得することをWebサーバに要求

HEAD

 データそのものは要求せず、メッセージヘッダだけを取得することをWebサーバに要求

POST

 Webサーバに、データを送信

PUT

 Webサーバに、ファイルをアップロード

DELETE  Webサーバ上にあるデータを削除することを要求
CONNECT  例えばプロキシサーバなどに、トンネルの確立を要求




 ◆ HTTPレスポンスメッセージ

 HTTPレスポンスのメッセージはステータス行、メッセージヘッダ、空白行、メッセージボディで構成。


  


HTTPレスポンスの構成 説明
ステータス行

 Webブラウザに、Webサーバでの処理結果を伝える。
 
HTTPのバージョン、ステータスコード、説明文などの情報がある。

メッセージヘッダ

 WebブラウザにWebサーバの情報を示す。具体的に、サーバの種類
 返信するデータのタイプ、データの圧縮方法などの情報がある。

空白行

 Webブラウザにメッセージヘッダーの終わりを伝えるために使用する。

メッセージボディ

 HTML文書、画像ファイル、動画ファイルなどのデータを格納するために使用する。


 ステータス行にあるステータスコードは多くの種類があり、ステータスコードの番号帯により以下の通り
 内容によって、5つ(情報、成功、リダイレクト、クライアントエラー、サーバエラー)に分類できます。

ステータス
コード
説明 ステータスコード例
100番台

情報
続きの情報があることを伝える。

100 ( Continue )
続きの情報があるのでリクエストして!
200番台

成功
Webサーバがリクエストに処理できたことを伝える。

200 ( OK )
リクエストを無事に処理した!
300番台

リダイレクト
別のURLへリクエストし直すように要求する。

301 ( Moved Permanently )
400番台

クライアントエラー
クライアントのリクエストに問題があり処理できなかった事を伝える。

404 ( Not Found )
指定したURLのデータは存在しない!
500番台

サーバエラー
サーバ側に問題があり処理できなかったことを伝える。

503 ( Service Unavailable )
サーバの負荷が高くて処理できない!



詳細なステータスコード 説明 結果フレーズ
100 情報 ( Informational ) Continue
101 情報 ( Informational ) Switching Protocols
102 情報 ( Informational ) Processing
200 成功 ( Success ) OK
201 成功 ( Success ) Created
202 成功 ( Success ) Accepted
203 成功 ( Success ) Non-Authoritative Information
204 成功 ( Success ) No Content
205 成功 ( Success ) Reset Content
206 成功 ( Success ) Partial Content
207 成功 ( Success ) Multi-Status
226 成功 ( Success ) IM Used
300 リダイレクト ( Redirect ) Multiple Choices
301 リダイレクト ( Redirect ) Moved Permanently
302 リダイレクト ( Redirect ) Found
303 リダイレクト ( Redirect ) See Other
304 リダイレクト ( Redirect ) Not Modified
305 リダイレクト ( Redirect ) Use Proxy
306 リダイレクト ( Redirect ) (Unused)
307 リダイレクト ( Redirect ) Temporary Redirect
400 クライアントエラー ( Client Error ) Bad Request
401 クライアントエラー ( Client Error ) Unauthorized
402 クライアントエラー ( Client Error ) Payment Required
403 クライアントエラー ( Client Error ) Forrbidden
404 クライアントエラー ( Client Error ) Not Found
405 クライアントエラー ( Client Error ) Method Not Allowed
406 クライアントエラー ( Client Error ) Not Acceptable
407 クライアントエラー ( Client Error ) Proxy Authentication Required
408 クライアントエラー ( Client Error ) Request Timeout
409 クライアントエラー ( Client Error ) Conflict
410 クライアントエラー ( Client Error ) Gone
411 クライアントエラー ( Client Error ) Length Required
412 クライアントエラー ( Client Error ) Precondition Failed
413 クライアントエラー ( Client Error ) Request Entity Too Large
414 クライアントエラー ( Client Error ) Request-URI Too Long
415 クライアントエラー ( Client Error ) Unsupported Media Type
416 クライアントエラー ( Client Error ) Requested Range Not Satisfiable
417 クライアントエラー ( Client Error ) Expectation Failed
418 クライアントエラー ( Client Error ) I'm a teapot
422 クライアントエラー ( Client Error ) Unprocessable Entity
423 クライアントエラー ( Client Error ) Locked
424 クライアントエラー ( Client Error ) Failed Dependency
426 クライアントエラー ( Client Error ) Upgrade Required
500 サーバエラー ( Server Error ) Internal Server Error
501 サーバエラー ( Server Error ) Not Implemented
502 サーバエラー ( Server Error ) Bad Gateway
503 サーバエラー ( Server Error ) Service Unavailable
504 サーバエラー ( Server Error ) Gateway Timeout
505 サーバエラー ( Server Error ) HTTP Version Not Supported
506 サーバエラー ( Server Error ) Variant Also Negotiates
507 サーバエラー ( Server Error ) Insufficient Storage
509 サーバエラー ( Server Error ) Bandwidth Limit Exceeded
510 サーバエラー ( Server Error ) Not Extended



DNSとは SMTP/POPとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.