TCP/IP - SMTP & POP



 ◆ SMTPとは

 SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) は、電子メールを
送信するために使用するアプリケーション層
 のプロトコルです。メールソフトから、メールサーバへ電子メールを送信する際にこのSMTPを使用します。
 SMTPは、TCP上で動作しており、SMTPサーバにアクセスするために使用しているポート番号は
25 です。



          




 ◆ POPとは

 POP(Post Office Protocol)は、電子メールを
受信するために使用するアプリケーション層プロトコル。
 メーラでメールサーバから電子メールを受信する際にPOPを使用します。現在ではPOPのバージョン 3 が
 主流なのでPOPといえばPOP3を指します。POPではパスワード情報は暗号化されずそのまま送信されます。
 POPはTCP上で動作しており、POPサーバにアクセスするために使用しているポート番号は
110となります。



          




 ◆ メールの送受信の仕組み - 簡易説明

 下図では、CoolさんがCiscoさんにメールを送信しようとしています。下図の通りメールはCoolさんから
 Ciscoさんに直接送信されるのではなく、一度メールサーバで受信して、相手に届けられることになります。



   


シーケンス 説明
@

 Coolさんがメーラでメールを作成して、メーラで設定したメールサーバへ、SMTPによりメールを送信。

A

 メールを受信したメールサーバは、メールアドレスの@以降のドメイン名から宛先を確認する。
 DNSより名前解決してIPアドレスを取得すると、SMTPによりcisco.comのメールサーバにメールを送信。
 これにより、Coolさんのメールはcisco.comのメールサーバに格納される。SMTPの役割はこれで終了。

B

 Ciscoさんがメーラでメールチェックを実行。
 メーラで設定したメールサーバへ、POP3によりユーザ名とパスワード情報を送信。

C  メールサーバは、サーバ上に登録しているユーザ名とパスワード情報を確認し、ユーザ認証を実施。
D  ユーザ認証が成功すると、宛先アドレスがCiscoのメールをメールサーバが送信。Ciscoがそれを受信。



 ◆ SMTPによるメール送信の仕組み - 詳細説明


     



 メールクライアントは、上図の通りテキストコマンドにより要求を出すのですが、これをメーラが担当します。
 メールクライアントからの要求コマンドに対して、サーバは3桁の数字により応答を行います。※上図にある
 「This is a test mail」はメールの本文内容であってメールクライアントからの要求コマンドではありません。



 ◆ POP3によるメール受信の仕組み ( 詳細説明 )


  


 SMTPと同様にPOP3の場合もメールクライアントから、上図の通りテキストコマンドにより要求を出します。
 メールクライアントからの要求コマンドに対して、サーバは正常な場合は「+OK」、エラーが発生した場合
 「-ERR」の応答を返します。応答はこの2種類だけとなりますがこの応答にメッセージを付加して送信します。



HTTPとは SMTP - サブミッションポート、SMTP認証

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.