TCP/IP - SNMP



 ◆ SNMPとは

 SNMP (Simple Network Management Protocol) は、ルータ、スイッチ、サーバなどTCP/IPネットワーク
 に接続された通信機器に対し、ネットワーク経由で
監視制御するためのアプリケーション層プロトコルです。
 SNMPを利用することにより、導入したネットワーク機器を監視することができるので、ネットワークに障害
 が発生した場合にどの機器に障害が発生したのかをすぐに突き止められるなど、迅速な障害復旧に役立ちます。



 ◆ SNMPの構成要素

 SNMPは、管理する側の
SNMPマネージャ、管理される側のSNMPエージェントの2つにより構成されます。
 
SNMPv1SNMPv2cSNMPv3のバージョンがあり、SNMPv3ではセキュリティ機能が強化されています。
 最近は、サーバなどに高価なSNMPマネージャのソフトウェアをインストールしてSNMPマネージャを導入
 するのではなく、クライアントPCに無償のSNMPマネージャをいれて導入するようなケースなどもあります。
 ※ SNMPマネージャには HP Software、Cisco Works、JP1 (HP OpenView NNMのOEM)、PNDDA(低価格)などがあります。

構成要素 役割 使用機器
 SNMPマネージャ

 SNMPエージェントに対する情報の要求や監視などを行う

 Windowsサーバ、Linuxサーバなど
 SNMPエージェント

 SNMPマネージャからの要求への応答、状態変化時の通知を行う

 ルータ、スイッチ、サーバなど



      



 SNMPマネージャからSNMPエージェントに問い合わせられる内容は、この他にCPU使用率、メモリ使用率
 インターフェースのリンクアップ、ダウン状態、トラフィック量、MTUやSpeed/duplexの状態も確認可能。


 ◆ SNMPのトラフィック

 SNMPエージェントがUDP(ポート番号
161)を使用して、SNMPマネージャがUDP(ポート番号162)を
 使用しています。従って、SNMPマネージャからSNMPエージェントへの問合せは、SNMPエージェントへの
 宛先ポートとしてUDP(ポート番号161)が使用されます。一方、SNMPエージェントからSNMPマネージャ
 へのトラップ通知は、SNMPマネージャへの宛先ポートとして、UDP(ポート番号
162)が使用されます。


         





 ◆ MIB ( ミブ ) とは

 MIB (Management Information Base) とは、SNMPエージェントが持っている
機器情報の集合体のこと。
 SNMPマネージャとSNMPエージェントはこのMIBをやりとりすることで、SNMPエージェントのCPU使用率、
 インターフェースの使用状況等を確認しています。MIBにより分類された情報は
ツリー構造で管理されます。

 MIBにある情報の1つ1つを
オブジェクトと言います。例えばツリーの上から「iso、org、dod、internet」
 などがオブジェクトです。どのオブジェクトも
OID (オブジェクトID)で示されます。OIDは、MIBツリーの
 階層を通るパスを表すものです。例えばオブジェクトの「dod」は「iso⇒org⇒dod」を辿っていくことから
 「dod」のOIDは「1.3.6」です。例えば「cisco」のOIDは 1.3.6.1.4.1.9。rootから順にピリオドで区切る。


   



 このMIBには、標準MIBと拡張MIBがあります。標準MIBは標準化されているものですが、MIB1とMIB2が
 あります。現在ではMIB2を使用するのが主流です。拡張MIBはベンダ固有のもの(ciscoなど)があります。

 MIBは、SNMPエージェントにて保持しているものですが、SNMPマネージャはエージェントの保持している
 MIBの内容から現在の状態を判断するため、SNMPマネージャにも、MIBの情報をインストールする必要が
 あります。SNMP管理する機器のMIBの情報(MIBファイル)は、メーカのサイトからダウンロードできます。
 ※ Cisco の場合SNMPオブジェクトナビゲータを利用すれば、ツリー構造の情報、各OIDの説明情報、MIBファイルが得られます。


 ◆ RMONとは

 RMON(アールモン)は、Remote Monitoring MIBの略称です。通常のMIBは、例えばネットワーク機器の
 インターフェースや機器単体を監視するパラメータ群から構成されていますが、RMONではネットワークの
 回線を監視するパラメータ群から構成されています。RMONにより通信トラフィックの統計情報が得られます。
 RMONを利用した代表的なSNMPのアプリケーションはMRTGです。とても有名で役立つフリーソフトウェア。



 ◆ SNMPメッセージ

 SNMPマネージャとSNMPエージェントがやりとりするメッセージは大きく5つがあります。

SNMPメッセージ 送信側 意味
 Get Request  SNMPマネージャ

 SNMPエージェントから得たい情報を、OIDを指定して要求

 GetNext Request  SNMPマネージャ

 直前に指定したOIDの次のOIDを指定して要求。

 Set Request  SNMPマネージャ  SNMPエージェントの設定変更を行いたい場合、OIDを指定して要求
 Get Response  SNMPエージェント  SNMPマネージャから要求されたOIDに対して、値を挿入して返信
 TRAP  SNMPエージェント  SNMPエージェントが機器の状態に変化があった場合、自発的に送信


       



SNMPコミュニティ、SNMPバージョン

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.