Cisco Wireless LAN Solution - CAPWAP detail



 APとWLC間でやりとりされているCAPWAPプロトコルは以下のLWAPPプロトコルを基に開発されました。
 従って、以下解説の「LWAPP」をそのまま「CAPWAP」に置き換えて理解して頂いて概ね問題ありません。


 ◆ LWAPP - 無線LAN通信ができる状態までのフロー( 詳細 )

 LWAPPの概要 (LWAPP - 無線LAN通信ができる状態までのフロー) のAPの遷移状態に焦点をあてます。

 LWAPPではAPとWLCの状態を Discovery、Join、Image Data、Config、Run、Reset で定義しています。

APの状態遷移
Discovery  APがWLCを探索している状態
Join  APがWLCとセキュアな接続をしている状態 ( LWAPPトンネルを構築している状態 )
Config  APがWLCから設定情報をダウンロードしている状態
Run  APが正常に稼働して、WLAN端末に対して無線サービスを提供している状態
Image Data  APがWLCからOSをダウンロードしている状態
Reset  APがステートを初期化して初期状態にもどるステータス



        



 次に、APの遷移状態の1つである Discovery の詳細を見ていきましょう。APがWLCを探索する手順、つまり
 APがWLCのIPアドレスを取得する手順は以下のとおりです。以下の探索手順はL3 LWAPPにおける順序です。

L3 LWAPP Controller Discovery ( = APの状態遷移の1つである Discovery の詳細 )
探索手順 1  CLI コマンドでコントローラのIPをスタティックに設定
探索手順 2  ローカルサブネット内でのLWAPP Discovery Request Broadcast
探索手順 3  OTAP ( Over-the-Air Provisioning ) による無線経由
探索手順 4  DHCP vendor specific option 43 ( IPアドレスはManagement InterfaceのIP )
探索手順 5  Cisco-LWAPP-Controller.localdomainにおけるDNS解決 ( Management InterfaceのIPへの解決 )
探索手順 6  1 から 6 の探索手順でもWLCが見つからない場合、1 へ戻る



 




 次に、複数の候補のWLCがある場合におけるWLCの選定基準(WLAN Controller Selection Alogorithm)を
 見てきましょう。APは下記の選定基準に従い、LWAPP Join Requestを送信するコントローラを選択します。
 下記の選定基準のための情報は先ほどWLCから受信したLWAPP Discovery Responseの中に含まれています。

WLAN Controller Selection Alogorithm ( = APがJoinするコントローラの選定 )
選定基準 1

 APに対してプライマリ、セカンダリ、ターシャリコントローラが設定されている場合、APは最初に
 この情報に基づいてLWAPPJoin Requestを送信する。
sysNameにこれらの情報が格納されている。

選定基準 2

 Master Controller fieldが設定されているWLANコントローラにLWAPP Join Requestを送信する。
 
Master Contollerフラグにこの情報が格納されている。

選定基準 3

 最もキャパシティに余裕のあるWLANコントローラにLWAPP Join Requestを送信する。
 
コントローラのAPキャパシティにこの情報が格納されている。



   


 APがLWAPP Join Requestを送信後、LWAPP Join Responseを受信できるとLWAPPトンネルが形成します。
 LWAPPトンネルが形成されると、APはWLCが保持しているファームウェアのversionを比較して自身の保持
 するファームウェアのversionと違いあればWLCからIOSをダウンロードして次にコンフィグをダウンロード。
 これによりAPは無線LANサービス提供可能な状態となり、WLAN端末との無線LAN通信の手順が始まります。


   



 以上により無線LAN通信ができる状態になり、LWAPP制御メッセージのやりとりは一度は終了しますが
 WLCは定期的にLWAPP Control messageによりAPから統計値(RRM, アラーム, レポートで使用)を確認
 します。また、APはWLCに定期的に(
30秒ごとLWAPP Heartbeat Control messageを送信しています。
 LWAPP Heartbeast controll message を受信したWLCはAPへ
LWAPP Acknowledgement を送信します。



   


 APがAckを受信できない場合、APは1秒間隔で5回まで
 Heartbeatを再送信し、この5回のリトライでもAckを
 受信できなかった場合、APはWLCに障害が発生したと
 判断して、IPアドレスをrelease/renewで別のWLCを
 探索し始めます。

 ちなみにこのLWAPP Heartbeat Control messageの
 30秒間隔のタイマーを短くすることで切り替わりが
 早くなります。設定コマンドは以下の通りとなります。
 ⇒ config advanced timers ap-heartbeat-timeout



Cisco無線LAN - WLC 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.