CCIE:試験範囲、出題形式



CCIEとは CCIEの試験範囲 CCIEの勉強方法 CCIEの参考書 CCIEイージス


 CCIEの試験範囲
 ◆ CCIEの筆記試験ENCOR(350-401)は、大きく以下の6つの分野から出題されます。

 ・ デュアルスタック (IPv4・IPv6)アーキテクチャ:15%
 ・ 仮想化:10%
 ・ インフラストラクチャ:30%
 ・ ネットワークアシュアランス:10%
 ・ セキュリティ:20%
 ・ 自動化:15%
 ※ CCIE Enterprise Infrastructure:ENCOR(350-401)の試験範囲はCiscoのPDFで確認できます。


 ◆ CCIEのラボ試験:大きく以下の6つの分野から出題されます。

 ・ ネットワーク インフラストラクチャ:30%
 ・ ソフトウェア定義型インフラストラクチャ:25%
 ・ トランスポートおよびソリューション:15%
 ・ インフラストラクチャおよびサービス:15%
 ・ インフラストラクチャの自動化およびプログラマビリティ:15%
 ※ CCIE Enterprise Infrastructure:ラボの詳細な試験範囲はCiscoのPDFで確認できます。


 CCIE試験の出題形式
 CCIE筆記試験:ENCOR(350-401)については、CCNA/CCNP試験同様に以下の形式で出題されます。

 ・ 選択問題(単一選択)
 ・ 選択問題(複数選択)
 ・ 入力問題
 ・ ドラックアンドドロップ
 ・ シナリオ問題
 ・ シミュレーション問題

 CCIEラボ試験については8時間の試験が「モジュール1」と「モジュール2」に分類されており、そのうちの
 5時間のハンズオン試験では実務経験なかったり実機操作が完璧でなければ合格点を得ることは難しいです。

 

 Source:CCIEラボ試験の形式( https://learningnetwork.cisco.com/s/jp-ccie-lab-exam

認定資格 モジュール 試験時間 実機操作 試験形式
CCIE Enterprise
Infrastructure
モジュール 1 3時間 実機操作なし シナリオベース
モジュール 2 5時間 実機操作あり コンフィグ設定







ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.