CCNP:勉強方法



CCNPとは CCNPの試験範囲 CCNPの勉強方法 CCNPの参考書 CCNPイージス
300-410:ENARSI


 CCNPの勉強方法
 CCNPの難易度は高いことからも、CCNPの
教科書をしっかりと読み込み、暗記と理解することが大切です。
 CCNAに比べて暗記していることで解ける問題より、理解していることで解ける問題の方が多いことからも
 実機やシミュレータなどで動作検証する学習方法をお勧めします。

 CCNPの試験範囲はCCNAの試験範囲の応用版であることから、CCNAを取得せずにいきなりCCNP試験を
 受験すること考えている人は少なくともCCNAの教科書を読むことをお勧めします。CCNAの学習過程で
 得られる知識はCCNPで必要とされるので、しっかりと基礎から学習することをお勧めします。


 実機で動作検証する場合には、Cisco機器はなるべく
静かでコンパクトな製品を選ぶことをお勧めします。
 Catalystスイッチについては、L2スイッチはCatalyst2960、L3スイッチはCatalyst3560がお勧めです。
 Ciscoルータについては、Cisco1812やCisco89Xなどの中古品がお勧めです。

 


 Cisco無線LANを学習するためにはCiscoWLCとAPが必要ですが、少し価格が高いので教科書を読み込み
 机上の知識で試験にのぞむか、購入する場合は比較的安価なCisco WLC 2500シリーズなどがお勧めです。


 



 CCNPの研修、トレーニング
 会社支援などがあり、CCNPの研修やトレーニングを受けることができる立場の人はぜひ受講しましょう。
 個人でもCiscoルータやCatalystスイッチは安価に入手できますが、これら以外のCisco機器は個人購入は
 難しい価格ですし、講習受講なら、難しい新分野でも学習効率、学習効果ともに最高の結果が得られます。








ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.