Catalyst 6500 - VSS



 ◆ VSS(Virtual Switching System)とは

 VSSとは、2台のCatalyst6500のスイッチを論理的に1台の仮想的なスイッチにクラスタ化する仮想化技術。
 Catalyst2960-X の FlexStack、Catalyst3750-X の StackWise Plusなどと同様に論理的に1台のスイッチに
 なるので、コンフィグファイルやIOSイメージは1つとなり構成はシンプルとなり管理性が大幅に向上します。
 また、VSSによりシステム帯域幅の拡張、無停止ネットワークの実現が可能となり大きなメリットがあります。


 



 ◆ VSSの5つのメリット

VSSのメリット 説明
運用効率の改善

 物理的に2台のスイッチが論理的に1台のスイッチになることから設定ファイルが1つになる。それにより
 設定対象の機器が1台になることから管理が楽になる。また、2台で冗長化する場合、例えばHSRPなら
 合計3つのIPアドレスを使用していたがVSSでは冗長化を維持しながらも割り当てるIPアドレスは1つでOK。

STP/HSRP不要

 VSSではMEC(Multichassis EtherChannel)をサポートしています。StackWise Plus同様に異なる筐体
 に対して、EtherChannelを提供することができるので、VSSを実装したCatalyst6500への接続に対して、
 STPやHSRP/VRRPを使用しなくても、L2の冗長リンクとL3の冗長ゲートウェイを構成することができる。

柔軟な物理距離

 VSSを構成するにあたり、VSSを構成する2台のCatalyst6500は近くに設置されている必要はありません。
 VSSを構成する2台のC6500は、選択した10GEの光ファイバーの制限距離以内であれば、C6500同士が
 どれほど離れていても問題はない。例えば、X2-10GB-ERを使用する場合は、最大40Kmも離れてもOK。

無停止NWの提供

 VSSでは、シャーシ間のステート情報の同期によって、ステート情報に依存する通信(Forwarding Table
 NetFlow、NAT、認証、認可など)が中断することがない。仮想スイッチメンバーに障害が発生した場合、
 L2レベル、L3レベルのプロトコルの再コンバージェンスが不要であるため、安定した通信が継続できる。

システム帯域幅
1.4Tbps or 4Tbps

 SUP720-10Gのスイッチファブリック容量は720Gbpsあるが、VSSを構成した場合、どちらのシャーシでも
 アクティブ状態となることからスイッチファブリックは最大で1.4Tbpsを提供することができるようになる。
 ※ SUP720-10G-3C/3CXLを使用した場合1.4Tbps、VS-S2T-10Gを使用した場合4Tbpsのファブリック。



 ◆ VSSとVSS1440の違い

 VSSを構成できるスーパーバイザエンジンは、当初は「VS-S720-10G-3C」と「VS-S720-10G-3CXL」の
 2種類でした。SUP720のシステム帯域幅は720GbpsであることからVSS構成で「720Gbps×2」として使用
 できることから、このスーパーバイザの帯域幅を反映して
VSS1440と呼ばれました。その後、VSSを使用
 できるSUPに「VS-S2T-10G」と「VS-S2T-10G-XL」が追加されると、以下のような呼び方となりました。

VSSの呼び方 説明
VSS1440  VSS構成時に、VS-S720-10G-3C or 3CXLを使用した場合の呼称
VSS  VSS構成時に、VS-S720-10G-3C/3FCLを使用した場合、またはVS-S2T-10G/XLを使用した場合の呼称




 ◆ VSS1440の構成要件

 VSS1440を構成するための要件は以下の通り。VSS内でシャーシの型番が異なっていても問題ありませんが
 VSS内でのスーパーバイザエンジンの型番は同一である必要があります。VSLでは、最低でも2リンクで構成。

ハードウェア/ソフトウェア 構成要件
ソフトウェア  Cisco IOS 12.2(33)SXH以降
スーパーバイザエンジン  VS-S720-10GE-3C および VS-S720-10GE-3CXL
モジュール

 ・ CFC(Centralized Forward Card)を備えた6700シリーズのモジュールの全て
 ・ DFC(Distributed Forwarding Card)3C or DFC3CXLを備えた6700シリーズの全て

DFC  WS-F6700-DFC3C および WS-F6700-DFC3C-XL
VSLポートになれるもの

 ・ Virtual Switching Supervisor 720-10GEのアップリンクポート
 ・ WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL

VSLの最大距離

 X2-10GB-CX4(15m)、X2-10GB-LX4(300m)、X2-10GB-SR(26m)
 X2-10GB-LR(10km)、X2-10GB-ER(40Km)、X2-10GB-LRM(MMFで220m)

シャーシ  全てのシャーシ。※ 6503(Eシリーズ以外)、6509-NFBはサポートしない
電源

 ・ 6503-E および 6504-E スイッチ ⇒ サポートされているすべての電源モジュール
 ・ 6506、6506-E、6509、6509-E、6509-NEB-A、6509-V-E、6513 スイッチ ⇒ 2500W以上

サービスモジュール  Network Analysis Module 1 および 2
WANモジュール  初期リリースではサポートされない。




 ◆ VSSの構成要素

 VSSは
仮想スイッチメンバーVSL(Virtual Switch Link)により構成されます。そのVSSと接続する例えば
 アクセスレイヤやコアレイヤのL2/L3スイッチは
MEC( Multi-Chassis EtherChannel )により接続されます。
 
※ VSLでは2つの仮想スイッチメンバー間のコントロールプレーン間のトラフィックだけでなく、データトラフィックも転送される。


    


VSSの構成要素 説明
仮想スイッチメンバー  VS-S720-10GE-3C/3CXL、またはVS-S2T-10G/XLを搭載したC6500シリーズのスイッチ
VSL  仮想スイッチメンバー間を10GEを使用して接続したリンク。(EtherChannelで最大8リンク可能)



フレックススタックとは(FlexStack) VSS - Catalyst4500-E、4500-X

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.