EtherChannel loadbalance



 ◆ EtherChannelのロードバランス

 EtherChannelでは、複数のポートにまたがるトラフィックのロードバランシングをサポートしています。
 Catalystスイッチでは、EtherChannel のロードバランシング方式としては以下のパターンがあります。
 ※ 薄い文字の「ポート番号に基づいた負荷分散」はシャーシ型のCatalystスイッチのみで実装可能です。

転送方式 コマンド 説明
 送信元MACアドレス src-mac  送信元MACアドレスに基づいてトラフィックを分散。
 宛先MACアドレス dst-mac  宛先MACアドレスに基づいてトラフィックを分散。
 送信元IPアドレス src-ip  送信元IPアドレスに基づいてトラフィックを分散。
 宛先IPアドレス dst-ip  宛先IPアドレスに基づいてトラフィックを分散
 送信元と宛先MACアドレス src-dst-mac  送信元と宛先MACアドレスに基づいてトラフィックを分散。
 送信元と宛先IPアドレス src-dst-ip  送信元と宛先IPアドレスに基づいてトラフィックを分散。
 送信元ポート番号 src-port  送信元ポート番号に基づいてトラフィックを分散
 宛先ポート番号 dst-port  宛先ポート番号に基づいてトラフィックを分散
 送信元と宛先ポート番号 src-dst-port  送信元ポート番号と宛先ポート番号に基づいてトラフィックを分散


 1RUサイズのボックス型のCatalystスイッチでは「
src-mac」がロードバランス方式のデフォルト値です。
 一方、大型のシャーシ型のCatalystスイッチでは「
src-dst-ip」がロードバランス方式のデフォルト値です。


 ロードバランス方式は通信要件に従って決定しますが、基本的に上記のデフォルト値で問題はありません。
 また、宛先(dst-)だけを指定したロードバランス方式にすると、効率よく負荷分散されない可能性もある
 ので注意しましょう。例えば下図の構成では、宛先MACや宛先IPの方式だと使用リンクの偏りが発生します。


   




 ◆ ボックス型Catalystスイッチ - EtherChannelのデフォルト値

機能 デフォルト値
 ロードバランス方式  着信パケットの送信元MACアドレスに基づきスイッチ上で負荷分散( src-mac )
 ポートチャネル論理インターフェイス  未定義
 PAgP モード  デフォルトなし
 PAgP 学習方式  すべてのポートで集約ポート ラーニング
 PAgP プライオリティ  すべてのポートで 128
 LACP モード  デフォルトなし
 LACP 学習方式  すべてのポートで集約ポート ラーニング
 LACP ポートプライオリティ  すべてのポートで 32768
 LACP システムプライオリティ  32768
 LACP システムID  LACP システムのプライオリティおよびスイッチまたはスタックの MAC アドレス



← EtherChannelとは L2 EtherChannel - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.