Cisco Nexus - Enhanced vPC



 ◆ 拡張vPC ( Enhanced vPC )とは

 拡張vPCにより、FEXが例えばNexus5548のペアにデュアルホーム接続できるだけでなく、それと同時に
 FEX配下の
ホストもvPCを使用してFEXのペアにデュアルホーム接続することができます。拡張vPCは
 デュアルホーム接続FEXトポロジだけではなくシングルホーム接続FEXトポロジにおいても適用できます。


   


 ※ 拡張vPCでは、ホストからFEXとFEXから親スイッチ(CPU)への使用可能な全てのパスがアクティブとなります。


 ◆ 拡張vPC ( Enhanced vPC )の設定

 拡張vPCのための特別な設定があるわけではありません。ただし、上図でもコメントした通り、ホストが
 vPCを使用してFEXのペアにリンクアグリゲーションで接続する場合、ソフトウェアは、拡張vPCに内部の
 vPC IDを割り当てるので、サーバが接続するポートに設定したポートチャネルにvPCの割り当ては不要
 ですのでその点に注意しましょう。ソフトウェアで自動的に割り当てられたvPC IDはshow vpcで確認可。

 上図を構成する上での設定は以下URLの@とAの通りですが、AのURLの「 FEXの設定 その2 」という
 部分だけ拡張vPCの設定ではないので、その部分だけを上図を前提にコンフィグ例を以下に紹介します。

 @ Nexus5500 ⇔ Nexus2000 vPC/FEX/HSRP設定 その1
 A Nexus5500 ⇔ Nexus2000 vPC/FEX/HSRP設定 その2


 ◇ N5K-1 のコンフィグ

 interface Ethernet101/1/1
  switchport access vlan 101
  channel-group 300 mode active
  spanning-tree port type edge

 interface Ethernet102/1/1
  switchport access vlan 101
  channel-group 300 mode active
  spanning-tree port type edge

 ※ 上記設定後に自動的に生成されるinterface port-channel 300 に、vpcコマンドによる静的なvPC IDの割り当ては不要。

 ◇ N5K-2 のコンフィグ

 interface Ethernet101/1/1
  switchport access vlan 101
  channel-group 300 mode active
  spanning-tree port type edge

 interface Ethernet102/1/1
  switchport access vlan 101
  channel-group 300 mode active
  spanning-tree port type edge

 ※ 上記設定後に自動的に生成されるinterface port-channel 300 に、vpcコマンドによる静的なvPC IDの割り当ては不要。


 要するに、FEXポートにリンクアグリゲーションの設定をLACPで行い、interface port-channel には
 vpcの静的な設定は行わない、ということです。ソフトウェアにより interface port-channel 300 に
 割り当てられたvPC番号は、show vpcにより最後の方で大きな値のvPC IDを確認することができます。

 リンクアグリゲーション可能なサーバやBlade Switchなどをこのような構成で接続することができます。
 なお、BladeSwitchなどのスイッチデバイスを接続する時はBladeSwitchでbpdu停止が必須となります。



Cisco Nexusとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.