Routing - Metric



 ◆ メトリックとは

 複数のルーティングプロトコルが動作していて、複数の情報源により得られた宛先ルートが複数ある場合は
 AD(administrative distance)値に従い、1つの最適な宛先ルートがルーティングテーブルに登録されます。
 そして、ある1つのルーティングプロトコルで得られた宛先ルートが複数ある場合、メトリックの値が小さい
 経路が最適な宛先ルートとしてルーティングテーブルに登録されます。この
メトリックを以下で説明します。

 下図では「172.16.1.0/24」から「172.16.4.0/24」という宛先ネットワークへは、2つの通り道があります。
 1つは「R1 ⇒ R2 ⇒ R3」という経路、もう1つは「R1 ⇒ R4」という経路。下図の各ルータにてRIPが有効な
 場合、RIPではメトリック値にホップ数(ルータから宛先ルートまでに経由するルータの数)を使用すること
 になりますのでホップ数が少ない(メトリック値が小さい)R1 ⇒ R4の経路で通信を行います。R1⇒R2⇒R3
 の経路ではホップ数は「2」となります。一方、「R1⇒R4」の経路においては、ホップ数が「1」となります。
 以上の内容から、RIPでは、ホップ数の少ない経路である「R1 ⇒ R4」のパスにて通信を行うことになります。


   


 ルーティングプロトコルによりこのメトリックの値は異なります。RIPではホップをメトリックの値にしますが
 OSPFの場合はコスト(インターフェースの帯域幅)をメトリックの値に使用します。従って、例えば下図では
 OSPFをルーティングプロトコルに使用している場合、「172.16.4.0/24」へR1⇒R2⇒R3の経路で通信します。

 OSPFでは10Mbpsのリンクはコスト値が 10 となります。そして100Mbpsのリンクはコスト値が
1となります。
 下図のR1⇒R2⇒R3では、100Mbpsのリンクを2回経由することになるので「1+1」でコスト値は
2となります。
 R1⇒R4では10Mbpsのリンクを経由するのでコスト値は
10。2 と 10 とでは 2 の方がメトリック値が低いです。


  



 メトリック値の定義と基準はルーティングプロトコルにより異なりますが、小さい値が優先されるのは絶対。

ルーティングプロトコル メトリック 説明
RIP ホップ数  ルータから宛先ルートまでに経由するルータの数
EIGRP 複合メトリック  インターフェースの帯域幅、遅延、信頼性、負荷、MTU
OSPF コスト  インターフェースの帯域幅
IS-IS

ナローメトリック
ワイドメトリック

 ナローメトリック : I/F上のメトリック(1 〜 63)
 ワイドメトリック : I/F上のメトリック(1 〜 16777214)


 Ciscoルータのルーティングテーブルでのメトリック値の確認方法はルーティングテーブルの見方でご確認を。


 繰り返しになりますが、ルーティングテーブルでは
 先ず、ロンゲストマッチに従い宛先ルートへのパス
 が決定します。ルーティングにおける大原則です。

 次に、ルータ上で複数のルーティングプロトコルが
 動作していて、複数の情報源により宛先ルートを
 得る場合、AD値の最も低いルーティングプロトコル
 のルート情報をルーティングテーブルに登録します。

 最後に、ある1つのルーティングプロトコルにおいて
 得られた宛先ルートが複数ある場合、メトリック値の
 最も小さいパスのルート情報をルーティングテーブル
 に登録します。メトリック値が全く同じである場合は
 複数のルートがルーティングテーブルに存在して、
 パケットのロードバランスして送出されていきます。




ルーティング

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.