CCNAとは CCNAの取得方法 CCNAの学習方法 CCNA受験記 CCNA取得後の道
CCNAの教科書 CCNAの問題集 CCNAシミュレーション CCNAイージス CCNA給与リサーチ


 
 CCNAの教科書は色々と出版されていますが、購入するCCNA教科書は1種類に絞ることを強くお勧めします。
 理由は 「書籍の金額と教科書の厚さ」 の2点です。CCNAの試験範囲はとても広いので、どの教科書でも
 2冊以上を1セットとしており、どの教科書でも最低で約8000円が必要となってしまいます。また、各社とも
 教科書のボリュームがとてもあり、複数の教科書を購入しても、熟読できずに中途半端な学習になるでしょう。
 以上のことから、自分に合う1種類の教科書をしっかりと反復学習して、知識を身につけることをお勧めします。

3種類のCCNAの教科書
出版社 インプレス 技術評論社 翔泳社
書籍
何冊セット 2冊1セット
ICND1
 ICND2
2冊1セット
ICND1
 ICND2
2冊1セット
ICND1
 ICND2
合計金額 2冊で 8,640円 2冊で 8,208円 2冊で 8,208円
Kindle版 ICND1 - -
cisco公認 非公認 非公認 非公認
読みやすさ
携帯性 ×
内容の深さ
人気度


 CCNA書籍は本当に重いのでKindle版の購入を強くお勧めします。本屋さんで手にとってみれば分かりますが
 これらの書籍を持ち運んだり、通学中・通勤中に読むのはものすごくストレスでありエネルギーが失われます。

 旧試験ではインプレス徹底攻略シリーズが最も人気がありました。新試験でも徹底攻略(いわゆる黒本)が一番
 人気になると思いますが、ぜひ本屋さんで立ち読みして自分が読みやすいと思うCCNA教科書を選ぶことを
 お勧めします。いくら人気があっても自分が読みやすくなければ頭に入らないので、自分に合う教科書選びを!

 CCNAでは書籍以外にインターネットを利用した学習形態であるイーラーニングもありますが、高額である上に
 しかも試験範囲外の内容も多いのでお勧めできません。理解力を養うためにもCCNA書籍での学習がお勧めです。


 スマホやタブレットで主に学習する方は、フリーのCCNA Web教科書(CCNAイージス)もご参考頂ければと。
























ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.