CCNA:勉強方法



CCNAとは CCNAの試験範囲 CCNAの勉強方法 CCNAの参考書 CCNAイージス


 CCNAの勉強方法
 CCNAの教科書を読み「ある程度理解できれば問題を解く」という繰り返しの基本的な勉強方法で、暗記系
 問題については解けるようになりますが、シナリオ・シミュレーション問題はその学習では足りません。
 CCNA(200-301)の問題には「暗記していれば解ける問題」と「理解していなければ解けない問題」があり
 この「理解を必要とする問題」を解くためにはCisco機器の実機を使用した動作検証による学習が必須です。

 すでにシスコ機器を所有していてIOSをお持ちなら、GNS3などのシミュレータを使用した動作検証でも良い
 かもしれませんが、CiscoルータやCatalystスイッチ等を確認しながら操作した方が記憶の定着にも良いです。
 新品を購入する必要はなくCisco891、Cisco1812、Catalyst2960などの安価な中古品で問題ないと思います。

 Cisco機器の操作方法は「CiscoルータとCatalystスイッチへのコンソール接続、操作方法」で解説しています。

 

 すでに実機操作の経験がある方やネットワークエンジニアとして仕事している方は、Cisco公式シミュレータ
 であるCisco Packet Tracerで学習することもお勧めです。IOSイメージ不要で完全無料で利用できます。

 


 CCNAの研修、トレーニング
 独学なら「教科書+問題集+実機検証」の3セット学習が推奨ですが、会社から支援を受けられるのなら、
 スクールでの研修やトレーニングを受講することがお勧めです。スクール受講は学習効率と学習効果ともに
 最高の結果が得られることからも
会社支援や経済的余裕がある場合トレーニングの受講を検討しましょう。

CCNAの勉強方法
勉強方法 学習効率 学習効果 学習費用 コメント
独学 個人の場合、現実的な学習方法です。
講習 × 会社の支援があるなら迷いなく講習で!











ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.