CCNA(200-301)模擬試験・練習問題 1(CCNAイージス:第1章~第4章の範囲)

CCNA(200-301)の模擬試験です。チェックリストレベルですが、本番の試験問題を解く上でも役立つ内容にしているので理解度チェックとして使用して頂ければと思います。

問題を解く前提として、CCNAイージスの第1章から第4章までを読んでいることが必要です。

CCNA(200-301)模擬試験 その1(第1章~第4章の範囲)

1. OSI参照モデルの目的について、正しく解説している説明文は次のどれか(2つ選択)

A. それぞれのレイヤで発生するネットワークの通信機能を定義している。

B. ネットワーク全体をどのようにデータが移動していくのか理解を促進している。

C. 階層化アプローチにより、信頼性の高いデータ配信を保証している。

D. データの単位をレイヤ2ではパケット、レイヤ3ではフレームと定義している。


2. 2つのエンドポイント間のコネクション確立で、TCPとUDPとではどのように異なるか。

A. TCPは3ウェイハンドシェイクを使用し、UDPはメッセージ配送を保証しない。

B. UDPは3ウェイハンドシェイクを使用し、TCPはメッセージ配送を保証しない。

C. TCPは同期パケットを使用し、UDPはAckパケットを使用する。

D. UDPは信頼性あるメッセージ配送を提供し、TCPはコネクションレス型通信を行う。


3. トラフィック着信をホストに通知するためのEthernet Frameの構成要素はどれか。

A. FCS

B. プリアンブル

C. Typeフィールド

D. Dataフィールド


4. IPv4プライベートアドレス空間を使用する最も適した理由は次のどれか(2つ選択)

A. アプリケーションとの通信を確立するため

B. グローバルIPアドレスを節約するため

C. NATを導入するため

D. 企業内通信を可能にするため


5. TCPとUDPとでは「信頼性」と「通信タイプ」に関して正しい説明はどれか。

A. TCPは信頼性がありコネクション型プロトコルであるが、UDPは信頼性がないコネクションレス型プロトコルである。

B. TCPは信頼性がないコネクション型プロトコルであるが、UDPは信頼性があるコネクションレス型プロトコルである。

C. TCPは信頼性がありコネクションレス型プロトコルであるが、UDPは信頼性がないコネクション型プロトコルである。

D. TCPは信頼性がありコネクション型プロトコルであるが、UDPは信頼性がありコネクションレス型プロトコルである。


6. SNMPエージェントが実行する機能として正しい説明はどれか。

A. ネットワークデバイスがRadius認証する際に仲介する役割を担う。

B. ネットワーク上でLayer3デバイスの動作を管理する。

C. 障害が発生した場合にそのイベント情報を各デバイスから要求する。

D. SNMPマネージャからの要求に応じて、MIB変数に関する情報を送信する。


7. FTPとTFTPに関する正しい説明は次のどれか(2つ選択)

A. FTPはTCPプロトコル上で動作して、ポート番号に20と21を使用する。

B. FTPはUDPプロトコル上で動作して、ポート番号に20と21を使用する。

C. TFTPはTCPプロトコル上で動作して、ポート番号に69を使用する。

D. TFTPはUDPプロトコル上で動作して、ポート番号に69を使用する。


8. コネクション型通信を行うプロトコルは次のどれか(3つ選択)

A. SNMP

B. SMTP

C. VoIP

D. FTP

E. SSH

F. TFTP


9. 光ファイバーケーブルについて正しく説明されているのは次のどれか。

A. 光は、光ファイバーケーブルのコアを透過する

B. コア(glass core)は、クラッドに包まれている

C. BNCコネクタが光ファイバーの接続に使用される

D. RJ45コネクタが光ファイバーの接続に使用される


10. 宛先MACアドレスが不明なフレームをレイヤ2スイッチが受信した時、レイヤ2スイッチがデフォルトで行う動作は次のどれか。

A. Layer2スイッチは受信したフレームを全てのポートにフラッディングする。

B. Layer2スイッチは受信したフレームを全てドロップする。

C. Layer2スイッチは受信したポートを除く全てのポートにフレームをフラッディングする。

D. Layer2スイッチは宛先MACアドレスを学習するためCPUへパケットコピーを送信する。


Answer

Question 1
A. それぞれのレイヤ(層)で発生するネットワークの機能を定義している。
B. ネットワーク全体をどのようにデータが移動していくのか理解を促進している。

Question 2
A. TCPは3ウェイハンドシェイクを使用し、UDPはメッセージ配送を保証しない。

Question 3
B. プリアンブル

Question 4
B. グローバルIPアドレスを節約するため
D. 企業内通信を可能にするため

Question 5
A. TCPは信頼性がありコネクション型プロトコルであるが、UDPは信頼性がないコネクションレス型プロトコルである。

Question 6
D. SNMPマネージャからの要求に応じて、MIB変数に関する情報を送信する。

Question 7
A. FTPはTCPプロトコル上で動作して、ポート番号に20と21を使用する。
D. TFTPはUDPプロトコル上で動作して、ポート番号に69を使用する。

Question 8
B. SMTP
D. FTP
E. SSH

Question 9
A. 光は、光ファイバーケーブルのコアを透過する
B. コア(glass core)は、クラッドに包まれている

Question 10
C. Layer2スイッチは受信したポートを除く全てのポートにフレームをフラッディングする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加