CCNA(200-301)模擬試験・練習問題 13(CCNAイージス:第30章の範囲)

CCNA(200-301)の模擬試験です。チェックリストレベルですが、本番の試験問題を解く上でも役立つ内容にしているので理解度チェックとして使用して頂ければと思います。

問題を解く前提として、CCNAイージスの第30章までを読んでいることが必要です。

CCNA(200-301)模擬試験 その13(第30章の範囲)

1. ネットワーク自動化のメリットは次のどれか(2つ選択)

A. ネットワークセキュリティの向上

B. 通信速度の向上

C. 運用コストの削減

D. 信頼性の高い結果を伴う迅速な設定変更


2. サウスバウンドAPIは次のどれか(2つ選択)

A. REST API

B. OpenFlow

C. NETCONF

D. CDP


3. Spine-and-Leafアーキテクチャでは、追加のアクセスポートが必要な場合、どのようにしてネットワークの拡張性を可能にするか。

A. リーフスイッチは、スパインスイッチへの接続に100Gbpsのアップリンクが必要

B. スパインスイッチとリーフスイッチとの接続の間にはCatalystスイッチが必要

C. リーフスイッチは、全てのスパインスイッチにフルメッシュで接続して追加できる

D. リーフスイッチは、コアのスパインスイッチへシングル接続で追加できる


4. REST APIでサポートされているエンコード方式は次のどれか(2つ選択)

A. NETCONF

B. OpenFlow

C. XML

D. JSON


5. 企業はクラウドサービスの導入を検討している。企業側(クラウドの利用者側)で、仮想マシンに独自にOSをインストールできるクラウドサービスは次のどれか。

A. SaaS(Software as a Service)

B. PaaS(Platform as a Service)

C. IaaS(Infrastructure as a Service)

D. Cloud Free


6. 従来のネットワークとコントローラーベースのネットワークの正しい説明はどれか。

A. コントローラーベースのネットワークのみが、コントロールプレーンとデータプレーンを分離している

B. コントローラーベースのネットワークだけでなく、従来のネットワークも、コントロールプレーンとデータプレーンを分離している

C. 従来のネットワークのみが、コントロールプレーンとデータプレーンを分離している

D. 従来のネットワークのみが、コントロールプレーンを提供している


7. コントローラーベースのアーキテクチャで、エッジデバイスと相互作用するために使用されるAPIは次のどれか。

A. northbound API

B. southbound API

C. overlay

D. underlay


8. 構成管理ツールのChefで使用する言語、ポート番号の正しい組合わせはどれか。

A. コード記述言語:Ruby TCPポート番号:10002

B. コード記述言語:Ruby TCPポート番号:8140

C. コード記述言語:独自言語 TCPポート番号:10002

D. コード記述言語:独自言語 TCPポート番号:8140


9. 構成管理ツールのPuppetで使用する言語、ポート番号の正しい組合わせはどれか。

A. コード記述言語:Ruby TCPポート番号:10002

B. コード記述言語:Ruby TCPポート番号:8140

C. コード記述言語:独自言語 TCPポート番号:10002

D. コード記述言語:独自言語 TCPポート番号:8140


10. 構成管理ツールのAnsibleで使用する言語、通信に使用するプロトコルの正しい組合わせはどれか。

A. コード記述言語:Ruby 通信に使用するプロトコル:telnet

B. コード記述言語:Ruby 通信に使用するプロトコル:SSH

C. コード記述言語:YAML 通信に使用するプロトコル:telnet

D. コード記述言語:YAML 通信に使用するプロトコル:SSH


Answer

Question 1
D. 信頼性の高い結果を伴う迅速な設定変更

Question 2
B. OpenFlow
C. NETCONF

Question 3
C. リーフスイッチは、全てのスパインスイッチにフルメッシュで接続して追加できる

Question 4
C. XML
D. JSON

Question 5
C. IaaS(Infrastructure as a Service)

Question 6
A. コントローラーベースのネットワークのみが、コントロールプレーンとデータプレーンを分離している

Question 7
B. southbound API

Question 8
A. コード記述言語:Ruby TCPポート番号:10002

Question 9
D. コード記述言語:独自言語 TCPポート番号:8140

Question 10
D. コード記述言語:YAML 通信に使用するプロトコル:SSH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加