Cisco Packet Tracer
概要・動作環境
Cisco Packet Tracer
ダウンロード方法
Cisco Packet Tracer
インストール方法
Cisco Packet Tracer
使い方・操作方法 1
Cisco Packet Tracer
使い方・操作方法 2



  ◆ Cisco Packet Tracerの使い方・操作方法 4:トポロジーの設定保存

  ワークスペースに配置したCiscoデバイスなどのコンフィグ設定は、writeコマンドなどで設定保存できますが
  ワークスペース上でのデバイス配置、ケーブル接続などの下図の状態そのものを保存するためには、次の通り
  メニューの「File」⇒「Save As...」を選択してファイル名を入力して保存します。

  



  Cisco Packet Tracerのアプリを終了させて起動させると、先ほど作成していた図はありませんが、下図の通り
  メニューの「File」⇒「Open」を選択して、先ほど保存したファイル名を指定してオープンします。

  


  下図の通り、保存した状態で再開することができます。

  





  ◆ Cisco Packet Tracerの使い方・操作方法 5:デバイスの削除

  ワークスペース上に配置したデバイスやケーブルを削除したい場合は、先ずツールバーの「×」を選択します。
  カーソルが「×」の状態になるので、削除したい対象をクリックすると「 Do you want to delete *** ?」と
  表示されるので「Delete」を選択することで、デバイスは削除されます。

  



  カーソルを元の状態に戻したい場合、ツールバーの左端にある「Select」を押します。

  



  まとめて削除したい場合、マウスをドラッグして対象範囲を指定し、PC上の「Delete」キーを押します。

  

  誤って削除した場合、Ctrl + Z を押すことで1つ手前の状態に戻ります。


  ◆ Cisco Packet Tracerの使い方・操作方法 6:ワークスペース上のテキスト入力、背景枠の挿入

  ワークスペースにテキスト入力して説明文などを追加することができます。ツールバーの「 Place Note 」を
  選択します。テキストを入力したい場所をクリックすると、下図のように入力ボックスが表示されることから
  ここで任意の文字列を入力します。Enterキーを押して改行すれば複数行を入力することも可能です。

  



  例としてOSPFエリア情報を入力しました。入力後のテキスト情報はドラッグ&ドロップで位置を動かせます。

  



  背景枠を作成したい場合、ツールバーの「Draw Rectangle」を選択します。すると下図の通りPallete Dialogが
  表示されるので、背景枠の形、背景色を選択します。

  



  ワークスペース上で背景枠の範囲をマウスでドラッグすることで完成します。

  



  背景枠のサイズを変更したい場合、ツールバーの「Resize」を選択します。すると背景枠の右下に下図のように
  小さな赤枠が表示されます。この小さな赤枠をドラッグすることで、背景枠のサイズを変更できます。

  


  ツールバーのボタンを押した場合、どのような操作であっても「Esc」キーを押せばカーソルは元に戻ります。


  ◆ Cisco Packet Tracerの使い方・操作方法 7:ルータの電源OFF/ON、モジュール追加方法

  Packet TracerではCiscoルータの電源をOFF/ONすることができます。ワークスペースに配置したCiscoルータを
  クリックし以下の画面を開き、タブの「Physical」で物理図の電源ボタンをクリックすれば電源はOFFになります。
  ※ 電源をOFFする前に、CLI画面でコンフィグの設定保存(write memory)を実行することを忘れないように。

  



  電源ONの状態でCiscoルータにモジュールの追加を試しても、Cannot add a module when the power is on
  とメッセージが表示されますが、電源OFFにすれば問題なく追加することができます。下図は電源をOFFの後、
  ドラッグ&ドロップによりHWIC-4ESWのモジュールを追加して成功しています。

  



  Ciscoルータにカーソルを合わせると、モジュールが追加されて使用ポートが増えていることが分かります。
  最後に、同じ手順で電源ボタンを押してCiscoルータの電源をONにしましょう。1分以内に起動は完了します。

  



  ちなみに、全てのデバイスを再起動(reload)したい場合には、左下のPower Cycle Devicesをクリックします。
  Power Cycle Devicesを押すと Configurations not in the startup configuration will be lost. と表示されます。
  再起動前にはCiscoデバイスではcopy run start(write memory)を忘れないようにしましょう。

  



ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.