未経験者の方がネットワークエンジニアの仕事をするために

ネットワークエンジニア未経験でも、ネットワークエンジニアのお仕事に就くことはもちろん可能です。未経験者の方がどのようにしてネットワークエンジニアの仕事を探せばいいのか、未経験者が何をしておくべきか(どのような資格を取得しておくべきか)を紹介したいと思います。月並みな内容かもしれませんが、お役に立てればと思います。

仕事内容は「運用・監視」であると仕事が見つけやすい

ネットワークエンジニアの一般的な仕事には「提案、設計、構築、保守、運用、監視」などがありますが、そのなかでマニュアルが完全に整備されているケースの運用・監視の仕事内容であれば、ネットワークエンジニア未経験でも対応できる仕事が多くあることから、未経験でもいわゆる「運用・監視」のお仕事は比較的見つけやすいと言えます。

なお、ネットワークエンジニアが未経験であっても、前職がサーバーエンジニアなどのIT系のお仕事をしていた場合には「設計、構築、保守」のお仕事を経験者の下で「メンバー」として対応できる仕事も見つけられる可能性が高いので、前職での経験に応じて検討しましょう。

 ネットワークエンジニア未経験の方は先ずCCNA取得を!

どのような働き方でどのような仕事をするのかを検討する前に、そして転職活動をする前に、先ず、未経験者の方はネットワークエンジニアになる人の登竜門的な位置づけにあるCCNAを取得することをお勧めします。

CCNA取得によりネットワーク技術力の基礎力を客観的に証明できるだけでなく、未経験でもやる気がある!という企業への意思表示にもなることからも、CCNA取得をお勧めします。

なお、未経験者がCCNPまで取得する必要はありません。未経験者がどれだけ強い資格を取得しても企業の採用担当者は「未経験」という前提で評価してくるのでネットワークエンジニアの未経験者に有効なCCNAさえ取得できていれば、転職活動を始めた方が賢明と言えます。

ネットワークエンジニアの未経験の場合の年齢制限

何歳以上の未経験者はダメ!という年齢制限は聞いたことはありませんが、
未経験者である場合、若ければ若いほど仕事を見つけやすいのは間違いありません

また、企業が年齢制限をしたい場合には「人材募集要項」には、未経験者であっても、経験者であっても「何歳~何歳まで」という記載があります。

なお、目安として40代以上で未経験というのは厳しいと認識した方がいいかもしれません。
20代ではなく30代からネットワークエンジニアになりました!という方は多く知っています。

転職エージェントを活用しましょう

転職エージェントを利用することで、未経験者のあなたに合う非公開求人を紹介してくれたり年収交渉を引き受けてくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれたりします。

転職エージェントは、あなたの転職が成功すると内定先の企業から成功報酬を受け取れるためその観点からも全力であなたの転職が成功するように応援してくれます。ただし、1つの転職会社のエージェントの言うことだけを鵜呑みにするのではなく、複数の転職会社の情報を比較検討をして自分にとってもっとも有利な転職(年収、仕事内容)ができるようにしましょう。

NWエンジニアのお仕事探しで有用な転職エージェントには「DODA」「typeの人材紹介」やマイナビエージェント転職エージェント・ワークポートなどがあります。

ネットワークエンジニアの派遣社員も検討してみましょう

ネットワークエンジニアとして仕事をするにあたり、やはり「未経験」というのは企業が採用するにあたり大きなネックとなるのは間違いありません。

そこで先ずは「採用されやすい」「仕事が見つけやすい」という観点から、正社員ではなくて派遣社員として働くことも検討してみてはいかがでしょうか

企業としても、未経験者を正社員として受け入れるよりも、未経験者の派遣社員を受け入れる方がリスクが低いので、仕事が見つけやすくなることは間違いありません。

そして、数年ほどネットワークエンジニアの経験ができれば、次の転職時には正社員としても仕事が見つけやすい状態になっているので色々な働き方を検討しましょう。

以上、ご参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加