ネットワークエンジニア:フリーランス働き方

ネットワークエンジニアの働き方に「フリーランス」という形態がありますが、フリーランスとは何であるのかを先ず説明します。

ネットワークエンジニア:フリーランスとは

フリーランスとは、Wikipediaでは以下のように定義されています。

特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。

以上の通り、正確にはフリーランスという用語は「個人事業主」と「個人企業法人」の2つの意味があることになりますが、転職サイトなどでは、「フリーランス = 個人事業主」という意味で使用されている場合もあります。

ネットワークエンジニアでフリーランスとして働くということは、正確には「個人事業主」のネットワークエンジニアとして働くというのが一般的です

※ なお、個人事業主のネットワークエンジニアとして働く人はとても少数です。

ネットワークエンジニア:フリーランスの契約形態

正社員は勤務先の企業と「雇用契約」を結びます。派遣社員は派遣会社の企業と「雇用契約」を結びます。それに対して、フリーランスは企業と「請負契約」を結びます。またはいわゆるフリーランスの業務形態として、納品物ではなく期間により報酬が決まる「委任契約」を結ぶ場合もあります。

フリーランスの一般的な契約締結(業務委託)の流れ

NWエンジニアに限らず、フリーランスの一般的な業務委託の流れは以下のようになります。

Step1:仕事の依頼、提案、見積もり

Step2:契約条件の交渉

Step3:契約締結、守秘義務契約も含む

Step4:受注側:契約内容に基づいた業務の遂行、納品物の提出

Step5:発注側:納品物の精査、検収

Step6:発注側:費用の支払い

単発の仕事を毎度契約するというケースもあれば、長期間の契約を結んで、その契約期間内で案件ごとに注文書を受け取りお仕事をするケースもあります。

以上の内容は営業さんからすれば常識ではありますが、技術的なお仕事しかしていない場合のネットワークエンジニアにとっては耳慣れない内容かもしれません。

ネットワークエンジニア:フリーランスは確定申告が必要

フリーランス(個人事業主)として仕事をする場合は、事前に税務署に「開業届」を提出する必要があります。青色申告白色申告がありますが、65万円の特別控除が受けられるメリットがある青色申告を使用するのが一般的です。

ただし、青色申告は複式簿記での記帳が義務付けられていることから、色々な知識が必要となります。そのため、多くの個人事業主はやよいの青色申告オンラインを利用しています。

ネットワークエンジニア:フリーランスの税金の扱いなど

ネットワークエンジニアの個人事業主としてお仕事をする場合、自営業者やフリーターと同様国民年金国民健康保険の加入が必要となります。

正社員や派遣社員の場合、健康保険の約半分は企業側で負担してくれるのですが、個人事業主の場合は全額負担となるので、最初は国民健康保険の納付金額の高さに驚く人が多いです。

ネットワークエンジニア:フリーランスとして仕事をするために

先ず、個人事業主として仕事を得られるネットワークエンジニアは極めて少ないです。企業は基本的に自社の正社員で対応させますし、外注する場合も今まで取引実績のある信頼ある企業などに発注するため、よく分からない個人事業主に発注することはほとんどありません。

そこで、PE-BANKを利用する人が多いです。当方の世代ですと、平成元年5月に設立された「首都圏コンピュータ技術者協同組合」の名称を聞いたことがある方は多いと思います。この協同組合が株式会社となり、そして平成27年9月「株式会社PE-BANK」に変更となりました。

PE-BANKさんでは、IT個人事業主(フリーエンジニア)を目指す人をバックアップする様々な体制が整えられています。なお、ネットワークエンジニア向けの案件よりも、インフラエンジニア向けの案件の方が多いですが、この金額の相場の案件が多いですね。

また、2007年に設立された比較的規模の大きな会社に「ギーグス株式会社」があります。
単価が安い案件もありますが、以下のような「 当たりの案件 」もあり人気のある会社です。

フリーランス/インフラエンジニア募集【ギークスジョブ】

このようにフリーランスといっても、PE-BANKさんやギーグスさんなどに登録して活用すればネットワークエンジニアでもそれほどハードルが高いわけではありません。

ただし、成果が「個人の能力によって大きく依存」する職種でフリーランスは多いことから、ネットワークエンジニアよりも、プログラマーやWebデザイナーなどの職種でフリーランスが多いですし、優秀なプログラマーに最もピッタリな働き方と言えるのではないでしょうか。

色々な働き方があるかもしれませんが、個人的には、正社員のネットワークエンジニアが一番無難な働き方であるとは思います。もし興味がある方はPE-BANKさんなどを活用して情報収集を行い、自分にとって最もアドバンテージのある働き方を見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加