CCNAとは CCNA取得方法 CCNA学習方法 CCNAイージス CCNA教科書 CCNA問題集 CCNAシミュレーション


 
 CCNA取得後にチャレンジしたい資格は色々とあると思いますが、どの資格が今の自分にとって最適なのかを
 探ってもらうために色々なパターンを紹介したいと思います。なお、英語力を証明する資格が就職活動の際に
 最も評価されますがその点は紹介せずに、CCNAを取得したがさらにIT系資格にチャレンジする場合において
 どのような資格にチャレンジすればいいのか紹介します。


 
 ネットワークエンジニアになりたい学生の方で、就職活動のためにネットワーク系資格の取得を考えている人、
 サーバエンジニアを目指しているが、汎用的なネットワーク技術力を身に付けたいと考えている人については
 
ネットワークスペシャリストを取得することをお勧めします。CCNAと試験範囲がある程度は同じこともあり
 勉強しやすいという点、汎用的なネットワーク技術を身に付けられるという点、そして簡単な資格試験といえど
 国家資格という観点からお勧めできます。また、CCNPの取得よりもはるかに資格取得費が抑えられます。


 
 インフラエンジニアになりたい方や社内系のネットワークエンジニアになりたい方は
LPIC取得をお勧めします。
 インフラエンジニアや社内系ネットワークエンジニアは、ネットワーク技術だけでなく、サーバ技術をふくめて
 幅広い技術力が要求されます。Linux技術は必須であり、LPIC取得過程で基本的なLinux技術が習得できます。
 ※「 ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違い 」の記事もご参考頂ければと思います。


 
 現在社会人の方で転職してネットワークエンジニアになりたいと考えている方、ネットワーク技術力を深めたい
 と考えている方、そして、最終的にCCIEの取得を考えている方については
CCNPを取得することをお勧めします。
 CCNPはCCNAの試験範囲の各技術をより掘り下げた内容となっており、奥の深い勉強が必要になってきます。
 ネットワークエンジニアとしてある程度の経験+CCNP取得ということであれば転職活動も行いやすくなります。
 そしてCCIE取得はCCNACCNPCCIEという流れの取得がオーソドックスなものであり、CCNPは、CCIE
 取得のためのステップとなります。そして、CCNPは資格価値にも一定の評価があります。

 
 私は社内的にもシスコ推進派でありシスコラブの立場であることから、私がシスコ製品やシスコ技術者認定資格を
 否定することなど基本的にないのですが、CCDAだけは無駄な資格だと思うのでここは意見させて頂きます。

 ◇ デザイン(設計)の技術力は身につかない
 CCDA (Cisco Certified Design Associate) 認定は「シスコ統合ネットワークの設計に関する知識を有すること
 を証明」とありますが、実際の仕事で必要なネットワーク設計力は、CCDAの学習で身につくことはありません。

 ◇ そもそも他の資格を取得した方が良い
 確かにCCDAやCCDPを取得する過程でいくつかの知識は身につきます。ただ、CCNPやネスペを取得する過程で
 身につく知識よりも遥かに少なく、CCNP等のように実際の仕事で役立つ知識はあまり身につきません。現場では
 上司や人事への希望として、中途採用や派遣社員採用にあたり「CCDAやCCDP取得者の人がいいですね」なんて
 先ず言いません。貴重な人生の時間とお金は、他のものに投資した方が賢明と言えます。

 ◇ それではなぜCCDA/CCDPを取得している人がいるのか
 その昔、シスコ技術者認定資格はCCNA/CCNP/CCDA/CCDP/CCIEしかない時代がありました。CCNA/CCNPは
 取得したものの格段に難易度が上がるCCIEはあまりに敷居が高く、CCNA ⇒ CCNP ⇒ CCDA ⇒ CCDP ⇒ CCIE
 という流れが生まれた結果、以前はCCDAやCCDPを取得する人が結構いました。私は2000年頃からシスコ資格を
 勉強しはじめた身なので悲しいことにCCDAとCCDPを取得しています。そして、これらの資格を取得したことで
 仕事で役立ったこと、転職活動に有利になったことは一度もありません。効率やワークライフバランスなどを
 重視する私にとってはとても痛いこと。現在ではCCDA/CCDP受験者はその当時に比べてかなり減少しています。

 ◇ 1つの意見としてご参考頂ければと思います。
 人により色々な考え方があります。上述の意見は私が数社のシスコ認定パートナーを渡り歩いて感じたことで
 あることからCCDAの資格価値が現在では低いことは間違いないのですが、投資に対して得られる知識の割合は
 少ないとはいえ学べることは少しありますので、人によりそれだけで十分と考える方もいらっしゃると思います。
 私の意見は1つの参考として頂ければ幸いです。








ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.