◆ CCNAイージスとは

 CCNAイージスとは、CCNAのWeb教科書のことです。CCNAイージスにはCCNAの試験範囲の全ての技術解説が
 あり、CCNAの書籍を購入することなく、CCNAイージスだけでCCNAに合格するための技術が身につけられます。
 CCNAイージス作成にあたり、ICND1、ICND2、CCNAを受験して試験範囲が網羅されているかを確認しています。


 ◆ CCNA ( 200-125J ) に合格するためには

 CCNA ( 200-125J ) の試験範囲は、ICND1とICND2の試験範囲を組み合わせたものですから、CCNAの試験に
 合格するためには、以下のICND1とICND2の両方のNetwork技術解説を理解した上で受験する必要があります。
 CCNAイージスは、ネットワークエンジニアとして Network Study 1 のコンテンツからCCNAの試験範囲の技術
 解説だけをピックアップして構成していますが、リンク先のコンテンツの ◆
は試験範囲内 は試験範囲外です。

 ◆ 2017/03/04 : 技術解説の更新 CCNA ICND2(200-105J)試験範囲 - 最新問題を確認し反映。ICND2 新分野対策もご参考を
 ◆ 2017/02/15 : 技術解説の更新 CCNA ICND2(200-105J)試験範囲 - 第16章 仮想化技術 - サーバ仮想化・ネットワーク仮想化
 ◆ 2017/02/02 : 技術解説の更新 CCNA ICND2(200-105J)試験範囲 - 第15章 Catalyst QoS - 最初の3つの記事が試験範囲
 ◆ 2017/02/01 : 技術解説の更新 CCNA ICND1(100-105J)試験範囲 - 第16章 無線LAN + Cisco無線LANソリューションとは


 市販のCCNA教科書とCCNAイージスとで、試験対策本と
 しての効果だけでなく、品質についても同じレベルなので
 iPadXperia Tabを持っている方なら通学や通勤帯に
 タブレットでCCNAイージスをご参考頂ければ幸いです。

 CCNAの問題集についてはCCNA取得の定番サイトである
 Ping-t プレミアム が合格者から圧倒的な支持を得ている
 のでCCNAイージスを読んだ後はPing-tを活用しましょう!

 



 
◇ 2017年02月 更新完了 - ICND1(100-105J)対応


 
◇ 2017年03月 更新完了 - ICND2(200-105J)対応



 ◆ ネットワークをはじめから




 ◆ スパニングツリープロトコルをはじめから





 ◆ TCP/IPをはじめから





 ◆ VLAN をはじめから + 音声VLANとは - ICND1と試験範囲重複





 ◆ Ethernet LANをはじめから





 ◆ EtherChannel の技術





 ◆ IPアドレスをはじめから





 ◆ VRRP、HSRP、GLBP の技術





 ◆ Cisco機器の操作をはじめから





 ◆ IPルーティングをはじめから - ICND1と試験範囲重複





 ◆ Ciscoルータをはじめから





 ◆ OSPFをはじめから





 ◆ Catalystスイッチをはじめから + LLDPとは





 ◆ EIGRPをはじめから





 ◆ IPルーティングをはじめから





 ◆ WANをはじめから





 ◆ VLAN をはじめから + 音声VLANとは





 ◆ Ciscoデバイスの管理





 ◆ ACLをはじめから





 ◆ NTP、SNMP、SYSLOG、NetFlow + AAAの8記事のみ





 ◆ DHCPをはじめから





 ◆ BGPをはじめから





 ◆ NATとPATをはじめから





  IPv6 - Ciscoコンフィグ設定





 ◆ RIP、RIPv2をはじめから





  IPsecをはじめから





 ◆ NTP、SNMP、SYSLOG、NetFlow





  QoSをはじめから





 ◆ IPv6 をはじめから



第15章 Catalyst QoS

  Catalyst QoS(最初の3記事のみ)



第16章 無線LAN ( Wireless LAN )

 ◆ 無線LANをはじめから + Cisco無線LANソリューション
 ⇒ 試験問題自体はシンプル。CCNA ICND1の補足をご参考を!




  仮想化技術をはじめから
 ⇒ 試験問題自体はシンプル。CCNA ICND2の補足をご参考を!

 



 ◆ 新試験CCNA v3.0に追加された試験範囲

 ・ ICND1(100-105J)に新たに追加された範囲
 ⇒ RIPv2、LLDP、音声VLAN、無線LAN

 ・ ICND2(200-105J)に新たに追加された範囲
 ⇒ IPv6用EIGRP(EIGRP for IPv6)、IPv6用OSPF(OSPFv3)
 ⇒ GREトンネル接続の設定、確認、トラブルシューティング
 ⇒ eBGP IPv4 を使用したシングルホーム ブランチ接続の設定および確認(主にnetworkコマンド関連)
 ⇒ Internet VPN(DMVPN、サイト間VPN、クライアントVPN)
 ⇒ QoSの基本的な概念の説明(マーキング、デバイスの信頼性、優先順位づけ、shaping、policing、輻輳管理)
 ⇒ APIC-EM パストレースACL分析ツールを使用したACLの確認
 ⇒ エンタープライズ ネットワーク アーキテクチャにおけるネットワーク プログラマビリティの説明(API関連)



 ◆ CCNAを取得できた後には・・・

 CCNAを取得できたら、自分のネットワーク技術力に自信を持ちましょう。ネットワークエンジニアの経験がない
 場合でも、ここに書かれている膨大な内容を読み一定の理解をしているわけですから、かなりの知識が身について
 いることを意味します。CCNAはまさに一定のネットワーク技術力の証明になっています。だからこそ転職の募集
 要項で CCNA取得者歓迎というフレーズがあるわけです。そして、努力して結果を得たということは目標達成能力
 の証明にもなっています。CCNAを取得できたら自分にご褒美をあげましょう。次のステップのための充電は大切!

 CCNAイージスのコンテンツ内容に、誤字脱字や記載ミスがございましたらこちらにコメント頂けますと幸いです。
 ご指摘内容は5日以内に修正しますので、CCNAイージスの該当ページを開きF5ボタン(更新)でご確認頂けます。



ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.